看護職員の方が別な環境へ移りたい

July 08 [Fri], 2016, 0:33
看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。


元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、否定的な事由だったりすると、不本意な評価をされかねません。


たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、建設的にキャリアを積もうとしているということを告げるようにして下さい。看護師が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。そして、3ヶ月は使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。焦った状態で次の仕事に就くと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を丁寧に探しましょう。



その事から、自分の希望する条件をクリアにしておきましょう。
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで様子を見るのがベターです。

一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。試験官にマイナス点をつけられると、看護職員不足であるにもかかわらず残念ながら採用を見送られることもあるのです。雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接試験に行くようにしてください。

場にふさわしい端正な装いで、元気にレスポンスすることを心がけてください。

看護師として働く人が転職しようとする時、違った職種に転職を考える人も少なくないです。けれど、一生懸命に看護師資格をゲットしたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。
かなり異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向に働く職場は多くあります。苦労して取得した資格ですから、活かさないのはもったいありません。

看護師の場合でも転職がいくつかあると印象が悪くなるかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRの方法を工夫すれば、経験が豊かで意欲があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。ですが、働いている期間があまりにも短いと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。
キャリアアップを志して転職する看護師も世間にはいます。看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分がぴったりだと感じるところを検討することは必要でしょう。

内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が適している人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。

もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には表に出ていないものも珍しくありません。
その点、看護専門のオンライン求人サービスには、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。


できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを依頼することも可能です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モモカ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yitnseeslewkkw/index1_0.rdf