家を売る準備をしました

November 15 [Tue], 2016, 11:58
土地を売却しなければならなくなったので、まずはGoogleで検索して、情報を得るのが不動産屋さんに騙されない秘訣と言えるでしょう。普通の人なら最初にたどり着く情報と言えば、いくらくらいの金額なら売ることができそうなのか、不動産屋さんの選び方を知ること、この2つの知識・情報が間違いなく必要です。いくらで売れるのか知らないでいると売った後のことがよく見えませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんとそもそも物件を売ることができません。
REINSというシステムを利用すれば、不動産の売却価格をおよそつかむことができます。REINSは無料で誰もが利用することができます。REINSでは土地だけでなくマンションの価格も把握することができますので、売却する予定となっている土地やマンションの相場をだいたい知ることが可能です。不動産屋さんに出向く前におおよその金額を知ることができれば、お客としてちゃんと対応してもらえなくて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
土地や建物を売る時は、意外と色々な種類の経費がかかるものです。経費を最初から知っておくと、後からがっかりするのを回避できます。一番誰でも分かる経費は不動産屋さんに支払わなければならない手数料です。取引した金額の約3%+64800円という計算で求めるので、3000万円の物件ならおよそ100万円もの金額になります。この他、収入印紙や所得税などの納付が必要ですし、住み替えなら引越し代も考えておく必要があります。仮に4000万で不動産が売れたとしても、その全額が自分のフトコロに入るわけではないわけです。
不動産を売る代表的な理由の1つとして、相続によって引き継いたケースがあります。相続は複数の相続人で1つの不動産を受け継ぐことがあります。相続で遺産の分割が決まった結果、どうしても1つしかない不動産を複数人で相続するような場合、換金する必要に迫られるということです。相続税という税金は現金で納めるのを国税庁は好みますが、現金での納付が困難な場合は延納と言って納税を遅らせることもできますので、できるだけ物納は避け、現金で納めたいところです。
駐車場経営を考える土地のオーナーは多いので、典型的な土地活用の手法として認知されています。何千万円も投資せずとも始められることが人気の理由ではないかと思われます。駐車場を運営する場合、月単位で貸す(月極め)もありますし土地勘があるなら直感で判断して決めても良いでしょう。所有者は一番が儲かるかどうかなのは当たり前ですが、顧客視点で考えないと、儲けられないどころか採算も採れません。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。半年前後の時間がかかるものと考えておくのが望ましいです。売り主がなるべく早く売ろうとしていることを見込み客に知れてしまうと、納得できない価格で契約することになり、納得できない取引になるかもしれません。引っ越しのためにマンションを処分するなら、新たに買う家の頭金などを残債を含めて支払い切れるのが良いので、戦略を立てて上手に物件を売却しましょう。
家を売る場合は買い手が直接、自宅を見に来るわけですが、その時の注意点について解説します。なるべく高く家を売りたいのであれば、知っておくべき知識です。家の売却に限ったことではありませんが、最初の印象、すなわち第一印象をよくすることです。訪問者にとって、最初に気付く玄関や門構えなどの入口付近を重点的に掃除しておいてください。あと、プロに依頼して(ハウスクリーニング)清掃をし、窓を開けて換気しておくと、買い手の心理も改善するため、購入に対して前向きになれるようです。
不動産を売却すると税金を取られますが、とても金額が高いですよね。100万円を超える税金を払わなければいけないのも当たり前です。家や土地を売って出た差額としての利潤は専門家は「譲渡所得」と言いますが、これに対して、所得税と住民税がそれぞれかかってきます。また、土地に限っては短期間での売却だと、転売目的の所有だったとみなされてしまい、税額が長期よりも高くなるのです。短期なのか長期なのかで税率に倍くらいの開きがあるのです。
土地はモノが一つしかないのに、「一物四価」とか「一物五価」などといって、複数の価格がつきます。計算の仕方はそれぞれ別ですし、それを算出する主体も違います。ざっと2分するならば、税金の計算目的で求めるものと、実際の土地取引の目安として使われるものとに分類されます。相続税評価額(路線価)と固定資産税評価額は税金のための価格で、公示価格の7割〜8割になるのが一般的です。公示価格は実際の取引の参考にするための指標ですが、最終的につく価格は、それらと同じにはなりません。実務をしている不動産屋さんは実際の相場を知っていますので、お役所が出した古いデータをそのまま使うことはないのです。
マイホームを買うことは庶民の夢です。サラリーマンにとっては普通、一生に一度しか無いと言っても過言ではありません。ですので、十分な知識を得てから不動産屋さんの門をたたくことが必要です。頭金をどのくらい用意するか、不動産屋さんに支払う費用はどのくらいか把握することも必要ですが、周辺の街の空気を自分の目で足で確認することが私の経験からお話しすると、一番大事なことだと思います。有名な土地はイメージをあらかじめ持っている人が多いものです。中目黒や三軒茶屋など、良いイメージをお持ちではないですか?印象はよくても、食料品を買うのは不便だったということもあります。ですから、気に入った物件には昼も夜も実際に行って確認するのが大事なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuudai
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yiofkrtetacnef/index1_0.rdf