ないあ・とぅえいんシャナイア・トゥエイン

March 18 [Mon], 2013, 15:38

8歳で音楽に目覚め、のちにギターで作曲するようになり音楽へますます傾倒してゆくが、21歳の彼女を人生の転機とも呼べる出来事が襲う。最愛の養父と母を交通事故で失ってしまい、残された弟妹たちの親代わりとして、歌いながら生活を維持していかなければならなくなったのだ。そんな二足のわらじ生活にもメドがたった90年、車にデモ・テープとロードマップだけを積んで一路ナッシュヴィルへ――ロレックス人気ランキング

そして、成功に甘んじることなく制作されたアルバム『カム・オン・オーヴァー』で第42回グラミー賞カントリー・女性ヴォーカル部門という栄誉ある賞を獲得するに至った。当初はカントリー色の強い楽曲が多かったが、徐々にポップス志向に変化しており、リアン・ライムスなどと近いスタンスの音作りを披露している。また、張りと伸びのあるヴォーカル・スタイルも印象的である。そのポップなテイストから、初期のベリンダ・カーライルを彷彿するリスナーも少なくはないだろう。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yingh2/index1_0.rdf