15健が聲高に忠一を叱つたので

July 10 [Wed], 2013, 14:41

今も、健が聲高に忠一を叱つたので、宿直室の話聲が礑はたと止んだ。ニューバランス 1500孝子は耳敏くもそれを聞き附けて忠一が後退あとしざりに出て行くと、ニューバランス 574
『まア、先生は。』と低聲に言つて、口を窄めて微笑みながら健の顏を見た。ニューバランス1400
『ハハヽヽ。』と、渠は輕く笑つた。そして、眼を圓くして直ぐ前に立つてゐる新入生の一人に、
『可いか。お前も學校に入ると、不斷先生の斷りなしに入つては不可いけなといふ處へ入れば、今の人の樣に叱られるんだぞ。』
『ハ。』と言つて、其兒はピョコリと頭を下げた。火傷の痕の大きい禿が後頭部に光つた。ニューバランス996
『忠一イ。忠一イ。』と、宿直室から校長の妻の呼ぶ聲が洩れた。健と孝子は目と目で笑ひ合つた。
 軈て、埃に染みた、黒の詰襟の洋服を着た校長の安藤が出て來て、健と代つて新入生を取扱つた。健は自分の卓に行つて、その受持の教務にかかつた。ニューバランス スニーカー レディース
 九時半頃、秋野教師が遲刻の辯疏いひわけを爲い/\入つて來て、何時も其室の柱に懸けて置く黒繻子の袴を穿いた時は、後から/\と來た新入生も大方來盡して、職員室の中は空いてゐた。健は卓の上から延び上つて、其處に垂れて居る索なわを續け樣に強く引いた。壁の彼方では勇しく號鐘かねが鳴り出す。今か今かとそれを待ちあぐんでゐた生徒等は、一しきり春の潮の樣に騷いだ。ニューバランス スニーカー




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yingchunte94
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yingchunte94/index1_0.rdf