25イカバッドは歌も得意だったが

July 02 [Tue], 2013, 14:23

イカバッドは歌も得意だったが、ダンスも自慢だった。手足といい、筋といい、一つとして遊んでいるものはないのだ。彼のだらりとしたからだが全部活動し、部屋をがたがた動きまわるのを見たら、だれしも、あのありがたいダンスの守り神、聖ヴァイタスが親しく目の前にあらわれたと思ったことだろう。彼は黒人たちの賞讃しょうさんの的になった。彼らは、老いも若きも、大も小も、農場からであろうと、近所からであろうと、ロンシャン 刺繍 バッグ総出で集ってきていたのだが、今や、どのドアにも、どの窓にも、ぴかぴかした黒い顔をピラミッドのように積みあげて、大よろこびでこの光景を見つめ、白い眼玉をぐるぐるまわしながら、象牙ぞうげのような白い歯を耳から耳までむきだして、にたにたしていた。ロンシャン プリアージュ悪戯小僧どもを鞭むちでこらす先生も、どうして元気よく嬉しくならないでいられようか。彼の意中の婦人がダンスのパートナーなのだ。そして、彼が色目をつかうたびに、彼女はやさしく微笑ほほえんでそれに応こたロンシャン トラベルバッグ
えているのだ。ところが、ブロム?ボーンズときたら、恋と嫉妬しっとですっかりいためつけられて、ひとりで片隅に坐すわりこみ、怏々おうおうとしていたのである。
 ダンスが終ったとき、イカバッドがひきつけられて加わったのは、年寄りの物識ものしり連中で、彼らはヴァン?タッセル老人をかこんでヴェランダのはしに坐り、煙草たばこをふかしながら昔ばなしをしたり、独立戦争の長い物語をのんびりとやったりしていた。ロンシャン 折りたたみ
 この近辺は、わたしが今話をしていることのおこった当時には、歴史に名高い物語や偉人が輩出した非常にめぐまれたところであった。独立戦争中は、イギリスとアメリカとの境界線が、この近くを通っていたので、ここは略奪の修羅場となり、ロンシャン バッグ亡命者や、王党側の暴れものや、そのほか、あらゆる国境の荒くれ男どもが跳梁跋扈ちょうりょうばっこしたのである。しかし、それからもういく年か過ぎ、この時分には当時の物語をする人もちょっとした都合のよいつくりごとで話に色をつけ、記憶もはっきりしないので、手柄話があれば、なんでもかまわず、自分をその立役者にしたてることができるのだった。ロンシャン トート





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yingchunte74
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yingchunte74/index1_0.rdf