20イカバッドは

July 02 [Tue], 2013, 12:00

イカバッドはそのような馬には誂あつらえむきの男だった。鐙あぶみが短かったので、両膝りょうひざが鞍くらの前輪にとどくほど高くあがった。彼の尖とがった肱ひじはばったの足のように突きだし、鞭はその手に真直まっすぐに立て、笏をもつような恰好かっこうだった。馬がからだを揺りながらのそのそ歩いてゆくと、彼の腕は、鳥が翼をばたばた羽ばたくように動いた。小さな毛織りの帽子は額があまり狭いので鼻の上に乗っているように見えた。ニューバランス 1500そして、黒い上衣の裾すそはぱたぱたして、馬の尻尾にとどきそうだった。そのような恰好でイカバッドと彼の馬とは、ハンス?ヴァン?リッパーの家の門をよろめき出ていったのである。ニューバランス スニーカー レディースまったくもって、とうてい昼の日なかに出くわすようなしろものではなかった。
 先ほど言ったように、その日は晴れた秋日和あきびよりだった。空はすきとおってうららかで、自然界はゆたかな金色の衣をつけ、豊穣ほうじょうな実りを思わせるのだった。森は渋い茶色と黄色につつまれ、優美な木々は霜にうたれて、ちらほらと輝かしいオレンジ色や、紫色や、また真紅にそまっていた。ニューバランス 574鴨かもは列をつくって空高く飛びはじめ、栗鼠りすの鳴く声が山毛欅ぶなや胡桃くるみの林から聞えてくるし、鶉うずらの笛を吹くようなさびしい声もときおり近くの麦の刈株の残った畑から聞えてきた。
 小鳥たちは別れの宴うたげをはっていた。饗宴きょうえんもたけなわと見えて、羽ばたいたり、さえずったり、ふざけたりして、茂みから茂みへ、木から木へと飛びまわり、周囲の色とりどりの豊富なご馳走ちそうを思うままについばんでいた。正直ものの駒鳥こまどりがいた。ニューバランス1400これは子供の狩猟家の好む鳥で、声高に愚痴をこぼしているような鳴き声だ。黒鳥はさえずりながら黒雲のようにむらがって飛んでいる。金色の翼の啄木鳥きつつきは紅のとさかと、幅のひろい黒い喉当のどあてと、すばらしい羽毛をつけている。ニューバランス996連雀れんじゃくは、翼の先が赤く、尾羽の先は黄色く、羽毛は小さな鳥打ち帽のようだ。それから、かけす。やかましいしゃれものだ。派手な空色の上衣を着こんで、白い下着をつけ、叫び、喋しゃべり、お辞儀をし、ぴょいと跳ね、頭を下げ、森の歌い手たちみんなと仲のよいような振りをしている。ニューバランス スニーカー




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yingchunte73
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yingchunte73/index1_0.rdf