10彼が家に入ったとき

July 01 [Mon], 2013, 15:44

彼が家に入ったとき、彼の心は完全に圧倒されてしまった。ひろびろとした家で、棟は高いが、屋根の勾配こうばいはゆるやかで、その建築様式は初期のオランダの移住民から伝えられているものだった。軒が低く突きだして、正面にヴェランダができ、ロンシャン 刺繍 バッグ天気が悪いときには閉められるようになっていた。ここには、から竿や、馬具や、いろいろな農具やら、また、近くの河で魚をとるための網がさがっていた。夏使うベンチが両側にならんでいて、片方の端に大きな紡つむぎ車があり、もう一方にバタつくり機械がおいてあるのを見れば、この大切な玄関がいろいろなことに使われることがわかった。このヴェランダから、びっくりしたイカバッドは広間に入った。そこが邸の中心で、ロンシャン プリアージュふだんは居間になっているところだった。ここでは、ぴかぴか光る白鑞しろめの器が長い食器戸棚にいく列も並んでおり、目も眩まばゆいほどだった。一隅に羊毛の大袋があって、紡ぐばかりになっていたし、また別の隅には、機織はたおり機械から下ろしたばかりの麻と毛とを交ぜたたくさんの織物や、ロンシャン トラベルバッグ玉蜀黍の穂が置いてあった。乾ほし林檎と挑とが紐ひもでつないで、にぎやかに花づなのように壁につるしてあったが、なかに赤く光る唐がらしが点々としていた。ドアが一つちょっと開けはなしてあったので、ロンシャン 折りたたみ彼がのぞくと、そこは最上等の部屋で、オランダ式の椅子いすや、黒いマホガニーのテーブルが鏡のように輝いており、薪まきおきは、シャベルや火箸ひばしも一式ふくめて、アスパラガスの葉のかげに光っていた。梅花うつぎと巻貝とが煖炉だんろの棚をかざり、ロンシャン バッグその上には色さまざまな鳥の卵が紐に通してさげてあって、大きな駝鳥だちょうの卵が部屋の中央にさがっていた。隅の食器棚はわざと開けてあるのか、古い銀の食器や、よく手入れのゆきとどいた陶器など、莫大ばくだいな宝物が見えていた。ロンシャン トート





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yingchunte71
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yingchunte71/index1_0.rdf