15じじつ

July 01 [Mon], 2013, 12:48

じじつ、彼には小利口で抜け目のないところと、単純にものを信じやすいところとが妙にまじりあっていた。不可思議なことを好む食欲も、またそれを消化する力もなみなみでなかった。しかも、それが両方ともに彼がこのまじないのかかった地方に住んでからいよいよ旺盛おうせいになった。ニューバランス 1500どんな大きな話でも、恐ろしい話でも、彼はがぶりとのみこんでしまうのだ。彼のたのしみは、午後、学校が終ってから、学校のそばですすりないている例の小川のほとりの、ふさふさしたクローバの上に、ニューバランス 574しばしば寝ころがって、マザーの恐ろしい話を熟読玩味がんみすることだった。そして、夕闇が濃くなって、書物のページが彼の眼の前で靄もやのようにかすんでしまうまで、読んでいるのだ。それから帰り途みちには沼や川や、ものすさまじい森のそばを通って、そのとき厄介になっている農家へ帰ってゆくのだが、この妖怪が出そうな時刻には、自然界のもの音はみな、彼の興奮した想像力を刺戟しげきした。ニューバランス1400丘の斜面から聞えてくるウィッパーウィル(原註)の鳴く声。雨蛙あまがえるの不吉な声は嵐あらしの前ぶれだ。梟ふくろうのさびしい声。突然しげみの中でがさがさいうのは、鳥がおどろいて巣から飛びたつ音だ。蛍さえもひどく暗いところで鮮かにぴかりぴかり光り、ときどき並みはずれてよく光るのが路みちを横ぎって流れ、彼をおどろかした。ニューバランス996なにかのはずみで、大きな馬鹿ばかな甲虫かぶとむしがまごついて飛んできて彼にぶつかろうものなら、このあわれな男は魔女のまじないにうたれたのかと思って、あやうく死ぬほどになった。ニューバランス スニーカー レディースそういう場合に、気をしずめたり、あるいは悪霊あくりょうを追いはらうためにただ一つ力の源になるのは、讃美歌をうたうことだった。スリーピー?ホローの善良なひとびとは、夕方家の戸口に腰かけながら、恐怖に満たされて、彼の鼻声の歌をきいたことがしばしばあった。その歌は、「長々と美しくつながり」遠くの丘やほの暗い街道から流れてくるのだった。ニューバランス スニーカー




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yingchunte70
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yingchunte70/index1_0.rdf