ユフィと岡元

April 07 [Thu], 2016, 16:17
今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、一にも経験、二にも経験となります。
万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。


ですから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上を狙って働く場所を変えようとするケースもあるようです。


大学病院など、高度な医療を行なうところで働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、チャレンジ精神からきた動機です。

ナースが仕事を変えよう思うときは、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には記載されていないケースも多数あります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、気になる組織風土などが確認できたりします。

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを任せられることもあるようです。

学校は看護学校を卒業しました。


そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。

辞める時には、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。

でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職という選択をすることにしたのでした。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。
看護師転職情報のホームページにある看護のお仕事は、医療機関の求人件数もすごく多いのですが、その他にも一般には公開されていない求人の情報がいっぱいあり、登録することで思いもしなかった好条件の転職先を紹介してもらえる機会があるかもしれません。担当コンサルタントによる手厚い対応も特性としてあげられているようで、できる限り細かなリクエストにも対応してくれているようです。
日々、病院に伺うと次々に患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しそうにしています。テキパキとしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者の方に説明したりと、性格がしっかりしていなければ、無理なとても大変な職種だと思います。ただ、その分、やりがいのある職種だと思いました。将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくないです。看護師の能力を向上させることで、収入アップを目指すこともできます。

その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分に合う職場を検討することは必要でしょう。



内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。



3年で看護専門学校を修了し、国家試験を受けるための資格を得られるのです。


この方法で免許取得を志す人が最も多いでしょう。実際、病院で行われている実習が他に比べ、多いということもあって、勤め先でも順調に仕事を行うことができるでしょう。

ツアー旅行や修学旅行などに随行し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をしてくれる看護師もいます。家庭を持ち子供もいる人は土日の休日があったり、夜の勤務のない勤め先を希望しているものです。病院以外の勤務地で働くには、その場面に最適な専門知識を習っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、雇用がされやすくなっています。看護師の方が勤務するところといえばまずは病院が頭に浮かぶのが世間では普通でしょう。

ですが、看護師という職業を活かせる場は、病院の他にも多く存在します。



保健所で保健師という職業の方と連携し、周辺地域の住民の健康に対するケアを行うこともお仕事の一つとして看護師に求められるのです。
また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、医療行為の大半を看護師が行うのです。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子供がいる看護師にしてみれば大変な懸念事項となっています。

子供が小学校に入るまでならば費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。



なので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方もかなりの割合で存在しています。もともと看護師は、病院やいろんな医療機関でとても大切な役割を担っております。ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足に頭を悩ませているのが現状となっています。残念ながら、医療の場では、看護師の不足した問題を解消しておりません。今後は、ちょっとでも早くこの問題を改善させる必要があります。



あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。

それは国公立の医療機関で働くことです。本来、職業としての看護師が長期にわたって務められる職種の一つであるとして勉強する人も多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればこれ以上の安定性はないですよね。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。



これらは何よりも魅力的だと思います。
求人に困ることがなさそうな看護師が転職する時でも、自分で待遇面の交渉をするのは難しいケースもありがちですが、看護師転職サイトを利用すると待遇面での交渉も引き受けてくれて、希望する条件で転職できる可能性が高くなります。初めて転職する人には、好感をもたれやすい履歴書、職務経歴書の書き方について教えてくれることも助かります。
他の医療機関に看護師が転職をしたいと思ったら、どう行動すべきでしょう。
看護師だけではないかもしれませんが、転職を検討する場合、多種多様な理由があげられるでしょう。
家族の転勤、妊娠や出産などによる希望勤務条件の変化、労働環境や職場の人間関係の不満など、悩みはつきないことと思います。


看護師になるための手段として、一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。
二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、給料の面で専門卒より優遇されるということです。


それに対して、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rina
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yi9e0fcl0vgoun/index1_0.rdf