円高と円安 

April 04 [Mon], 2011, 12:57
"円高・円安とは、外国の通貨に対して、日本円の価値が相対的に高いか、安いかを表しています。

たとえば、1ドルの缶コーヒーがあるとします。米ドル/日本円の為替レートが、1ドル100円から1ドル90円になったら、今まで100円で買っていた缶コーヒーが、90円で買えることになります。円の価値が米ドルに対して高くなったことになるので、円高ということになります。

逆に1ドル100円から1ドル110円になると、1ドルの缶コーヒーを買うのに110円かかることになり、これを円安といいます。



円高がいいのか、円安がいいのかは、一概にはいえず、たとえば輸入型の企業か、輸出型の企業かなどによって変わってきます。

ともかく、FXで為替差益を狙うなら、円高で外貨を買い、円安で外貨を売るのがポイントだ。米ドルなら米ドルが安いうちに買って、高くなったら売るということだ。
"