[経営戦略]ヤマダ電機、LABI新宿東口館オープンに1万人の行列 / 2010年04月19日(月)
 ヤマダ電機(一宮忠男代表取締役社長兼代表執行役COO)は、4月16日、新宿駅東口に「LABI(ラビ)新宿東口館」(東京都・新宿区)をオープンした。当日は、小雨が降る寒空のなか、開店を待つ人々が列を作り、10時の開店時には約1万人に上った。

【写真入りの記事】

 10時の開店直前のオープンニングセレモニーには、一宮忠男社長、中山弘子・新宿区長、蛭川和勇・新宿駅前商店街新興組合理事長、磯崎元彦・ユニカ社長、顧客代表が出席。一宮社長は、明るく、楽しく、やさしい売り場をコンセプトに女性をターゲットにした家電から化粧品まで取り揃えた新店のコンセプトを説明するとともに、「今後は、新宿東口の新たなランドマークとして選ばれるようになっていきたい。そして、街づくりに貢献していきたい」と挨拶した。

 セレモニーに出席した中山弘子・新宿区長は、「新宿は“新宿力で創造する賑わいある街”を目指している。ヤマダ電機さんが出店することで新宿力の担い手となって、商店街を盛り上げてくれることをうれしく思う。また災害時には、建物の大型モニタが掲示板としての役割も担ってくれる」と述べた。

 その後、一宮忠男社長や中山区長らがテープカットを行い、オープン。1万人の行列は、順番に館内に案内された。10時半を過ぎる頃には、1階のテレビ、2階のデジカメ、3階のパソコン売り場は人々で埋め尽くされ、身動きが取れないほどの混雑。売り場は、目玉商品を探す人々と会計を待つ行列でごった返した。

 各フロアとも、見通しよく圧迫感のないレイアウトを心がけ、女性が来店しやすいように工夫したという店内だが、女性客らは、「今日は人が多すぎて、よくわからなかった」とコメント。また、乳幼児を連れた母親たちは、「時間をかけて見たいので、もっと休憩スペースがほしい。オムツ交換ができる場所が充実していたら便利だと思う」と感想を語った。

 そのほか、「オープンのことを知り、洗濯機を目当てに川崎から来た」という家族連れや、「ドコモのエクスぺリアがもうどこにも売っていないので、もしかしたらここに来たらあるのではないかと思って立ち寄った」という若者もいた。


【4月16日19時3分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000013-bcn-sci
 
   
Posted at 02:02/ この記事のURL
2年連続開幕V!小田孔明が三つ巴のプレーオフを制する! / 2010年04月19日(月)
<東建ホームメイトカップ 最終日>◇18日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)

 今季の国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」は、ディフェンディングチャンピオンの小田孔明が、広田悟、丸山大輔とのプレーオフを制して優勝。大会連覇を達成した。

【関連リンク】 小田孔明のプロフィール

 この日ショットに苦しんだという小田は、前半から常にボギーが先行するが、直後のホールですぐにバーディを奪い返す粘りを見せる。その後15番までパーを重ねていた小田だったが、16番で痛恨のボギーを叩いてしまい後退。だが、ここでも粘りを見せて17番パー5でバーディ奪取。トータル1アンダーでホールアウトし広田、丸山とのプレーオフに進んだ。

 18番で繰り返し行われたプレーオフ。1ホール目は3選手ともセカンドショットでグリーンを外すが、そろってパーセーブ。2ホール目で広田がセカンドショットを池に入れてしまい脱落、残った小田と丸山の対決は3ホール目でも決着がつかず、4ホール目までもつれ込んだ。

 4ホール目で小田は先にセカンドショットをバーディチャンスにつけるが、丸山も負けじとバーディチャンスにつけ両者一歩も引かない。だが、丸山のバーディパットはカップを過ぎ、そのあと慎重にラインを読んだ小田がバーディパットを沈め、今季最初の優勝者となった。

 ホールアウト後小田は「しんどい戦いだったけど、絶対バーディを奪って勝ってやる」と強い気持ちでプレーオフに臨んだことを明かした。また、2年連続で開幕戦をプレーオフで制し「今年は賞金王をとって、(来年は)マスターズに出場したいです」と今季の活躍も誓った。

 プレーオフに敗れた広田と丸山が2位タイ、4位タイには宮里聖志と金庚泰(キム・キョンテー)(韓国)、池田勇太はスコアを伸ばせず16位タイで4日間を終えた。

【最終結果】
優勝:小田孔明(-1)※プレーオフ
2位T:広田悟(-1)
2位T:丸山大輔(-1)
4位T:金庚泰(キム・キョンテー)(E)
4位T:宮里聖志(E)
6位T:許仁會(+1)
6位T:デービッド・スメイル(+1)
6位T:J・チョイ(+1)
9位T:増田信洋(+2)
9位T:山本隆允(+2)

16位T:池田勇太(+4)他10名

(撮影:岩井康博)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
池田勇太、首位とは5打差!26位タイに浮上! 3日目結果
遼、17試合ぶり予選落ち 2日目結果
勇太、発想の転換で猛チャージ! 2日目結果
遼「攻めきれなかったショットを数えたら…」 初日結果
【関連リンク】
石川遼の予選ラウンドの結果を1打速報で振り返る 4月18日19時15分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000006-alba-golf
 
   
Posted at 02:01/ この記事のURL
タランティーノ監督、リンジーのため“衝撃的でハードコアな役”準備中 / 2010年04月19日(月)
リンジー・ローハンのキャリアを再生させたいと発言したことのあるクエンティン・タランティーノ監督が、ロバート・ロドリゲス監督の新作『Machete』に出演した彼女を見ていよいよその気になっているらしく、リンジーのために“衝撃的でハードコアな役”を準備中だと英国ガーディアン紙が伝えている。

【写真】落ちぶれた?リンジー・ローハン

『Machete』は、タランティーノ監督とロドリゲス監督の競作映画『グラインドハウス』(07)の中でフェイク予告編として流れた映像を本当に映画化したもの。撮影現場でのリンジーは、スタッフを感心させたほどクールだったそうで、タランティーノ監督が真剣に次回作で彼女を起用する気になっているという。

タランティーノ監督といえば、『パルプ・フィクション』(94)のジョン・トラボルタや『キル・ビルvol.2』(04)のデビッド・キャラダインなど、“過去の人”になった俳優を起用し、彼らのキャリアを見事に再生させてきた。

素行不良で“お騒がせ”なイメージが強いため、主演作『ミーン・ガールズ』(04)をゲーム化したDSソフトのジャケットからも一人だけ写真が外されたと報道されているリンジー。ここまで落ちた彼女に起死回生のチャンスを与えることのできる監督がいるとすれば、それはタランティーノしかいないかもしれない。【UK在住/ブレイディみかこ】 4月18日13時46分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000008-mvwalk-movi
 
   
Posted at 01:59/ この記事のURL
【ゲームニュース一週間】3D映像の二極分化:裸眼か、メガネか? / 2010年04月19日(月)
メガネを買うか、裸眼を選ぶか。今週は3Dゲームに対する業界人の提言が話題を提供してくれました。

3D Gaming Summitのコンサルタントを務めるJohn Gaudiosi氏は、3Dゲームが普及するにはメガネを無くすべきだとする説を展開します。氏はメガネのコストに関し「多くのゲームが多人数でのプレイに焦点を当てていますが、遊ぶ人の数だけ高価なメガネが要るようであれば主流になるのは簡単ではないでしょう」とコメントしています。

「ファミリー及びグループでのゲーム体験」は今後のゲーム界における重要なキーワード。Wiiが47%ものシェア(IBIS Capital調べ)を獲得した背景には一家全員で楽しむスタイルを提示したことがあります。

しかし、みんなで楽しむのに人数分の3Dメガネが要るとすれば問題です。ゲームを継続的に遊び続ける家族であれば3Dメガネを買うことも考えられるでしょうが、たまにくる程度のお客さんを接待するために複数個の3Dメガネを用意するというのは現実的ではありません。

これはコストの問題です。UbisoftのシニアブランドマネージャーであるPhil Brannelly氏は、かつての3D映画やゲームが普及しなかった理由を「消費者の無関心」「技術の限界」「コスト」の3つにあると分析。現在はこれらの障壁は低くなっており、映画「アバター」のヒットが「文化的なシフト」を起こしたとしています。

「文化的なシフト」が今後も続くのか、「低くなった」障壁でどこまでコストダウンできるかは改めて考察されなければなりませんが、既存のコントローラー並みの値段で3Dメガネが買えるなら、接待用のメガネを1個置いておくくらいは考慮に値するオプションとなるかも知れません。

しかし、3Dメガネがあまりに高価であれば、勢いある普及は難しいのではないでしょうか。選択肢は2つあります。「ニンテンドー3DS」のように、3Dメガネ不要の立体視を提案するか。もしくは3Dをオプショナルなものとするかです。

Brannelly氏は3D映像に対し「3Dは5.1chのサウンドのようなもので、なくてもゲーム体験はできるが、あれば体験は更に高められるものとなるでしょう」と語っています。

「なくてもゲーム体験はできる」という発言が「一本のゲームで3DモードをON・OFFできるようにする」ことを指しているのであれば、高価な3Dメガネを「普及」させようとするよりは現実的な見解といえるでしょう。3D映像ならではのゲームデザインが難しくなり、どっちつかずのものになる可能性がでてきますが、その分他機種への移植は容易となるでしょう。

今後は3D映像にも二極分化が起こるのではないでしょうか。メガネ必須の3D映像と、「ニンテンドー3DS」のような裸眼で見られる3D映像。消費者はお財布の中身に合わせて選べるという訳です。

しかし、裸眼による3Dが出てきているなか、メガネ必須の3D映像が生き残るには投資に見合った高級感あるものである必要があります。

市場はどちらの3Dを選ぶのか。そして、ソフトメーカーはどちらに投資すべきか。3D映像は可能性であると同時に業界にとっては頭の痛いところでもあるのではないでしょうか。

【4月18日23時45分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000005-isd-game
 
   
Posted at 01:58/ この記事のURL
Bluetooth内蔵でヘッドホンマイクになる時計「KISAI Escape C」レビュー / 2010年04月19日(月)
一見すると時間が全然わからない時計を各種販売しているとってもクールな「東京フラッシュジャパン」さんが、「こんなのどうですか?」ってサンプルを送ってくれたのが、こちら「KISAI Escape C」です。

見た目、UFOみたいですが、違いますよ。これは、時計でありながらBluetoothを搭載。携帯電話のヘッドホンマイクやミュージックプレーヤーのヘッドホンとして使えちゃう、新しいデバイスなんです。

ちょうど、iPhoneのヘッドホンがボロボロになってしまって買い換えようかどうか悩んでいた三浦が、このデバイスがiPhoneで使えるのかどうか試してみたいと思います。

その結果はこの後!


【「KISAI Escape C」レビュー(続き)】


参照サイト:http://www.tokyoflash.com/jp/watches/kisai/escape-c/ KISAI Escape C[東京フラッシュジャパン]

(三浦一紀)

【4月16日13時27分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000309-giz-ent
 
   
Posted at 01:56/ この記事のURL
セグウェイに乗って、レインボーブリッジを見よう / 2010年04月19日(月)
 潮風を感じながら、東京港をセグウェイで散策してみたい。

【拡大画像や他の紹介写真】

 東京都港湾局が、「セグウェイで行く! 東京港ガイドツアー」を5月15、16日に開催する。参加無料で各日5回、およそ1時間15分の散策ツアーだ。

 セグウェイ――アクセルやブレーキといった操作なしに、重心移動だけで動く不思議な立ち乗り電動二輪車。米国や、英国を除く欧州主要国では公道を走れ、“パーソナルモビリティ”として世界で7万台以上が販売された。

 このガイドツアーでは、セグウェイに乗って、潮風公園や青海南ふ頭公園、船の科学館といった湾岸エリア(往復約5キロ)をゆっくりと移動。レインボーブリッジや大井コンテナふ頭、青函連絡船「羊蹄丸」などの見所では、同行するインストラクターがガイドする。

 「バランス感覚がなくてもセグウェイに乗れるのかな?」――そんな不安は杞憂に過ぎない。ツアー出発前、およそ15〜20分の講習(動く、止まる、回る)で、すぐに思いのままにセグウェイを操作できるようになるだろう。

 セグウェイに乗るために必要なことは、「歩行できる」「2、3段の階段を上り下りできる」「日本人インストラクターの言っていることが理解できる」の3つだけ。また、ツアーの参加要件は、指定ヘルメットの着用、18歳以上で体重が45キロ以上118キロ未満であること、事前講習を受けること。

 参加申し込み方法は、往復はがき(4月30日当日消印有効)のみ。応募多数の場合は、抽選となる。開催時間や応募の詳細は、「セグウェイで行く! 東京港ガイドツアー」公式サイトを参照してほしい。

 世界中で400以上も開催されているセグウェイツアー。国内では、東京港ガイドツアー以外に、国営武蔵丘陵森林公園で通年開催される「セグウェイ自然体験ツアー」、都立夢の島公園で2010年7月1日まで3カ月限定で開催される「夢の島セグウェイ体験ツアー」などがある。【岡田大助】

【4月16日21時3分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000063-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 01:55/ この記事のURL
2日連続の自爆テロ、死傷者多数 パキスタン / 2010年04月19日(月)
パキスタン・イスラマバード(CNN) パキスタン北西部のコハートの警察署で18日、車を使った自爆テロが発生、7人が死亡した。地元警察によると、自爆犯は車ごと警察署へ突っ込んでいた。死者には子供1人が含まれる。犯行声明などは出ていない。

警官7人を含む25人が負傷した。車には重さ約250キロの爆薬が積まれていた。現場には幅約3メートル、深さ約1.2メートルの穴が開き、爆発力のすさまじさを見せ付けた。爆発で警察署建物の一部が破壊され、近くの学校校舎も被害を受けた。

コハートでは17日にも町内にある避難民キャンプで自爆テロ2件が起き、少なくとも41人が死亡、61人が負傷している。このテロでは、イスラム武装組織「ラシュカレジャングビ」がCNNに対し犯行を認めた。コハートの村落で2カ月前に起きた、イスラム教シーア派からスンニ派へ転向した女性2人がシーア派教徒に殺害された事件への報復攻撃としている。テロが起きた避難民キャンプにはシーア派教徒が多い。

地元警察によると、キャンプを襲った自爆犯2人はイスラム教徒の女性衣服ブルカを着用していた。最初の爆発の負傷者を助けるため避難民が集まったところ、新たなテロが起き、死傷者が増えた。国連人道問題調整部(OCHA)によると、爆発は避難民が救援物資受け取りの登録事務所で並んでいる際に起きた。

同キャンプは、パキスタン軍が部族地域オラクザイ地区などで続けるイスラム武装組織「パキスタン・タリバーン運動」(TTP)の掃討作戦から逃れてきた避難民を収容している。コハート、ハングー両町には25万人以上の避難民がいるという。


【4月18日17時0分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000005-cnn-int
 
   
Posted at 01:54/ この記事のURL
【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」 / 2010年04月19日(月)
新しい高速道路料金割引の波紋が広がっている。16日、四国ブロックから選出された民主党衆参両院の議員が揃って前原国交相に申し入れを行った。

[関連写真]

「どのような背景で、どのような理由でこのような料金設定されたのか、ご説明いただきたい」

徳島選出の中谷智司参議が代表して口を開く。中谷氏ほか訪れた7人の議員のほかにも「四国ブロック15人全員が同じ思いだ」と、中谷氏は訴える。

本州四国連絡橋高速道路(=本四)の上限料金は、NEXCO高速道路より軽自動車で2倍、普通車で1.5倍割高な設定がなされている。本四架橋を渡り本州の高速道路を通行すると、2つの会社の通行料を負担しなければならず、上限割引を適用しても5000円(普通車)かかる。

「本四だけ料金がかわることで、一般生活者や企業のみなさん、観光をはじめとする産業界がたいへん厳しい状況になる。本四の料金は全国統一料金の中に含めるべきだ」(中谷氏)と訴えた。

高速道路の新たな料金割引で本四がNEXCOより高いのは「フェリーや公共交通に配慮したからだ」と、前原氏は説明する。NEXCOより高い料金設定にすれば、新しい割引が始まっても利用者が公共交通から自動車に乗り換えることは抑えられるだろうという配慮だ。

しかし、中谷氏ら四国選出の議員は、なぜ高速道路の利用者が公共交通の肩代わりをしなければならないのかと怒る。

「四国だけが多額の負担をしなければならないのはなぜという感情的な問題も出てきている」(高知県選出・武内則男参議)

「見直すつもりはありません」と、決意が固い前原国交相だが、身内にすら理解されにくい施策を押し通すことができるのだろうか。

《レスポンス 中島みなみ》

【4月16日22時32分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000062-rps-soci
 
   
Posted at 01:50/ この記事のURL
グーグルの1Q決算、手堅い広告収入で増収増益――新規ビジネスの投資も積極的に行うと明言 / 2010年04月19日(月)
 米国Googleは4月15日、2010会計年度第1四半期(1月-3月期)の決算報告を行い、ウォール・ストリートの事前予測を大幅に上回る増収増益であったことを発表した。また、今後は中核および新規ビジネスへの投資を増やしていくことも表明した。

 Googleの2010年第1四半期における収益は67億7000万ドルに達し、前年同期に比べて23%増加した。なお、広告手数料を差し引いた収益は50億6000万ドルであった。

 純利益は前年同期の14億2000万ドルから19億6000万ドルに増加、1株当たりの利益も4ドル49セントから6ドル6セントに伸ばしている。一部費用を除いた実質的な純利益は前年同期の16億4000万ドルから21億8000万ドルに増加し、1株当たりでも5ドル16セントから6ドル76セントにとなっている。

 米国Thomson Financialがまとめた金融アナリストの事前予測では、広告手数料を除いた収益が49億5000万ドル、実質純利益が1株当たり6ドル60セントであったので、これらの数値を大幅に上回る結果となった。

 Googleでは、総利益の66%を自社で運営するサイトから得ている。また、パートナー・サイトからの収益は30%と発表されている。収益全体の53%は米国以外から得ている。

(Juan Carlos Perez/IDG News Serviceマイアミ支局)

【4月16日18時15分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000003-cwj-sci
 
   
Posted at 01:49/ この記事のURL
フルモデルチェンジを果たした「HP Mini 210」のスリムビューティぶりに驚く / 2010年04月19日(月)
 3月17日、日本ヒューレット・パッカード(HP)が個人向けNetbookの新モデル「HP Mini 210」を発表した。従来の「HP Mini 110」の後継に当たるモデルで、すでに米国では先行して発表されていたものだ。

【拡大画像や他の画像】 【表:従来モデルとの主なスペック比較】

 新モデルのポイントは、内部システムを前モデルのAtom N280+Intel 945GSE Expressから、最新世代のAtom N450+Intel NM10 Expressに変更したことと、ボディデザインを改めてスリム化したことにある。さらにキーボードはHP ProBookシリーズと同様の浮き石型(チクレットまたはアイソレーションタイプ)になり、タッチパッドもクリックボタン一体成形のクリックパッドに変更されるなど、細部まで気が配られているのが印象的だ。

●カラバリは1色でZEN-design“facet”を採用

 さて、新モデルを手にして驚くのは、前モデルからグッとスリムになったボディだ。Mini 110は263(幅)×174(奥行き)×28〜33(高さ)ミリと厚みがあったが、Mini 210では268(幅)×179(奥行き)×23.5〜30.5(高さ)ミリと、最薄部が約4.5ミリもスリムになった。底面積は一回り大きくなり、重量も約1.18キロと20グラムほど増加したが、フラットな形状なのでサイズ以上に薄型化した印象だ。

 おなじみのZEN-designは“facet”(フェシット)と呼ばれるもので、格子状のパターンが天面と底面にあしらわれている。カラーはシルバー基調の“白銅”で、前述のように米国でラインアップされているカラーバリエーションは用意されない。

 新採用のボディは液晶ディスプレイ天面だけでなく底面もフラットで、ネジ穴などが一切ない美しい仕上がりだ。天面/底面ともに手の脂や指紋が付きにくいのもうれしいところ。さらに底面カバーは工具を使わずに取り外せ、1基あるメモリスロットや2.5インチHDD(Serial ATA)にも気軽にアクセス可能だ。見た目のデザインと優れたメンテナンス性を兼ね備えたボディとして評価したい。
 
●クリックボタン一体成型のパッドと浮き石型キーボードを新搭載

 ボディだけでなく、一新されたキーボードやタッチパッドにも注目だ。まずキーボードは、同社のHP Pavilion Notebook PCやHP ProBookシリーズと同じアイソレーションタイプ(日本HPでは浮き石タイプと呼ぶ)に変わり、キーピッチも17.6ミリに微増(前モデルは17.5ミリ)した。キー自体は14ミリ×14ミリの正方形で、キーを強く押すとボディ中央部分が若干しなるが、カチャカチャという不快な音も発生しなかった。パームレストも52ミリあるので、小型ボディながら入力環境は悪くない。

 ただ、最下段のキーピッチが14.5ミリとやや狭く、カーソルキーの上下キーが極端に小さくなっていること、デフォルトではファンクションキーが音量調節やメディアコントロールキーに割り当てられている(BIOSセットアップで切り替え可能)のは気になった。

 一方、タッチパッドはクリックパッドと名付けられ、左右のクリックボタンがパッド一体成型になった。形状はアップルのMacBook/MacBook Proシリーズに採用されているものと同じタイプで、1〜3本指でのマルチタッチジェスチャーもサポートする。4本指での操作には非対応だが、パッドのサイズは78(横)×44(縦)ミリとワイドなため、ジェスチャー操作も比較的容易に行える。パッド上にクリックボタンを示すラインが引かれているが、これは蛇足なような気もする。

 ユニークなのは、パッドの左上にパッドのオン/オフ機能が埋め込まれており、ここを押すとLEDランプがオレンジ色に点灯してパッド機能が利用できなくなる(クリックボタンも機能しない)。キー入力時などに重宝する機能であり、同社のこれまでのノートPCで採用され続けてきたパッドのオン/オフ機能が継続しているのは心憎い限りだ。

 インタフェースは、配置こそ変更されたが従来モデルを踏襲している。左側面にDC入力、アナログRGB出力、排気口、HDDアクセスランプ、USB 2.0、マイク/ヘッドフォン端子が並び、右側面にSDHC対応SDメモリーカード/メモリースティックPRO/xDピクチャーカード/MMC対応メモリカードスロット、電源ボタン、2基のUSB 2.0、100BASE-TX/10BASE-T対応の有線LAN、ケンジントンロックホールが用意される。

●液晶ディスプレイは光沢タイプに変更

 LEDバックライトを採用した液晶ディスプレイは、従来モデルと同じ10.1型ワイドだが、液晶前面にクリアパネルをはめ込んだ「ハードコート・クリスタルビュー・ディスプレイ」に切り替わった。これにより、液晶フレームとディスプレイ画面に段差がなくなり、液晶表面に傷が付きにくくなったが、画面への映り込みは目立つようになった。また、前ページで指摘したように画面解像度が1024×600ドットと狭いのも物足りない。視野角は上下方向はやや狭いが、左右方向は広いほうだ。

 ACアダプタはサイズが40(幅)×93(奥行き)×28(高さ)ミリ、重量が210グラムと小ぶりだが、電源ケーブルはACアダプタとの接続が3ピンタイプで、ケーブル自体が太く携帯性はいまひとつだ。L字型のアダプタが製品に付属するので、持ち運びにはこちらを利用したい。

 バッテリーは標準で3セル(容量は10.8ボルト 2455mAh)、オプションで大容量の6セルバッテリーが用意される。公称の駆動時間は3セルが約4.25時間、6セルが約9時間と前モデルから延びている。ただ、6セルバッテリーを装着するとバッテリーが底面に張り出し、キーボード面の傾斜がきつくなる点は注意したい。

●プラットフォームは一新したがパフォーマンスはNetbook

 それでは、新モデルのパフォーマンスをベンチマークテストで検証しよう。

 評価機のスペックは、CPUがAtom N450(1.66GHz)、メモリは1Gバイト(DDR2)、HDDは250Gバイト(7200rpm)、グラフィックスはAtom N450に統合されたIntel GMA 3150で、OSはWindows 7 Starterだ。なお、テストはいずれもアナログRGB出力経由で外部ディスプレイに接続した状態(1024×768ドット)で行っている。

 プラットフォームがPine Trail(開発コード名)に改められたとはいえ、すでに多くのレビューで見てきた通り、性能はNetbookらしく地味なスコアにとどまる。とはいえ、Mini 110に比べて確実にパフォーマンスはアップしており、Webブラウズやメールの送受信で困ることはないだろう。

 バッテリーの駆動時間は、海人氏作のBBench V1.01を使って計測した。設定条件は液晶ディスプレイの輝度を最高に、電源設定をポータブル/ラップトップにし、Web巡回(60秒間隔)とキーストローク出力(10秒間隔)をオンにしたところ、3セルバッテリーで約173分動作した(残量は6%)。常時持ち出して使うのには心もとないが、ちょっとした外出ならば対応可能だろう。

 システムに高い負荷をかけると、キーボード左側がやや熱を帯びるものの37度前後で済み(室温は26.5度)、手の触れる部分で気になる発熱はない。ただ、底面左側が42度近くまで上昇したので、ヒザの上で使う場合は注意したい。また、負荷をかけ続けると左側面にある排気口からファンの風切り音が発生するが、通常のオフィス騒音に紛れるレベルだ(図書館や深夜の静かな部屋では耳障りに感じるかもしれない)。

 冒頭でも触れた通り、国内では解像度が低いスタンダードモデルが先行して投入されたMini 210だが、高解像度版(HD Edition)やデザイナーズモデル(Vivienne Tam Edition)も順次追加されると思われる。これら上位モデルの発売時期は気になるところだが、本機の価格は4万9980円(HP Directplus価格)と発売当初から5万円を切っているのが大きな魅力だ。ボディデザインや入力インタフェースを一新することで完成度を高めており、HPの次世代ノートPCのスタンダードとなる要素が満載なのは間違いない。【田中宏昌(撮影:矢野渉)】

【4月18日17時32分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000005-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 01:47/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!