妊娠のひと月前から妊娠初期の胎児

May 09 [Mon], 2016, 14:06
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。
赤ちゃんが健やかに育つように、サプリメント等で葉酸を摂取し、日々の生活に葉酸を取り入れることをオススメします。厚生労働省の推奨では1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

これを野菜だけで摂取するのは葉酸不足の心配もあります。



ですので葉酸サプリで補給するのが良いと思います。妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。

寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてちょーだい。理想としては、1日3食のご飯で葉酸を十分に摂取する事です。しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。



おススメなのは、葉酸サプリの活用です。
サプリであれば、一日の摂取量がすぐに分かりますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には葉酸サプリをおススメします。
不妊の根本的な原因は、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側に原因があるものと、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性由来のものとが考えられるでしょう。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。


友達と話していたら、葉酸の話になって、そのなかでもサプリについての話で盛り上がりました。
使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみたら、どうやらベルタのものが一番良いらしいって教えてくれました。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。

友達には、いつも笑っていて欲しいから、げんきな赤ちゃんの顔を見せて欲しいなって思っているんです。



みんなご存知のように、葉酸はオナカの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであるといわれています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段のご飯にもふくまれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリで摂ることが望ましいです。

いつまでサプリを飲みつづけるのか、という問題ですが、殆どの場合が、妊娠前から授乳期のおわりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。

しかし、母体の健康維持を考える上でも重要な役割を果たしているのです。
ですので、妊娠を要望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。
葉酸を多くふくむ食べ物ですが、フルーツで言うと、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。または、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。



葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのもおススメです。


ビタミンB群のひとつである葉酸は、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類にふくまる栄養素です。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の場合は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際にご飯だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。



妊娠を要望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も影響があるものと言えば、ご飯ですよね。妊活をしている方ならば、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんから、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的なご飯で適切な栄養を摂取するようにしましょう。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。
多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。ですが、それより前から新しい命がオナカの中で成長を初めています。


いつ妊娠するのか、それは誰にも分からないでしょう。

いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。妊娠してから栄養指導を受けたり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。



多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸をたっぷりと含んだ食品を学ぶと思います。
葉酸がどのような食品に多くふくまれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱すると大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、摂取するようにしましょう。
妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。



その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。
不妊かなと思ったときには、とりあえず基礎体温をつけることをオススメします。
平均体温と基礎体温はちがいます。
基礎体温を見るとホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

基礎体温表を造るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、習慣的につづけていくことが重要なのです。
最初の1か月は慣れるつもりで初めてみましょう。
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。


実は葉酸は、水溶性であるため、尿などに混じって排出されています。

ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。
とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
葉酸サプリはご飯での摂取にくらべると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、指示された分量と用法を守ってちょーだい。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。



水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取をつづけることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。


胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に摂取した方がいいでしょう。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされるケースが多いです。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォー(略さずにいうと「アラウンド・フォーティー」で、35歳以上44歳までの主に女性を指します。


最近では女性だけではなく、男性にも使われている表現です)って普通ですよね。だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、いっそう精神的に疲れてきました。

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜です。妊娠した後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。
十分な葉酸摂取のために、毎日あまたの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。



そんな時には納豆とかホタテにも、多くの葉酸がふくまれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuhei
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yhnihldiraszte/index1_0.rdf