柴山とゲジ

April 17 [Mon], 2017, 20:40
「ずっと美肌を保つには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよくききますが、それは美白に対しても同じであるといえます。心から肌を白くしたいと思うならば、タバコは吸わないべきです。

そのりゆうの中で一番にあげられるのが、タバコによりビタミンCが消費されることです。



タバコを吸うことによって、美白に必要なビタミンCが破壊されてしまうのです。



ニキビができるりゆうは毛穴に汚れがたまることにより、炎症が起こってしまうことです。

特に手で顔を頻繁に触る人は注意しましょう。日常生活において手には汚れが大量についており、その手を顔にもっていくということは汚れで顔を化粧しているのとほとんど同じでしょう。
基礎化粧品はお肌のためにそのままおつけいただくものですので、効果そのものも当然重要なのですが、素材の良さにもこだわって選びたいものです。肌に不必要なダメージを与えないためにも、成分や原材料をよく確認して、化学物質の表記のないもの、可能であればオーガニックな素材の商品を選ぶのが良いでしょう。角栓で毛穴が詰まることが、ひとつの、ニキビができる原因です。気になり、つい角栓を指で押しつぶして押し出してしまうと、その部分にニキビ跡ができる原因でしょう。角栓ができてしまわないように、そして、ひどくならないようにする為には、しっかりした保湿をすること、余分な皮脂を毛穴に溜めないことが重要です。


肌荒れの予防には、顔を洗い終わったら、すぐに保湿ケアを化粧水などで行います。どんなものをつけるのかは、肌質によっても違ってきますし、体調によってもちがいますでしょう。
毎日、化粧水や乳液、美容液等を用いるのではなく、肌の状態をよく確かめて下さい。

日常的にいろんな保湿商品をつけると、肌本来の保湿機能の低下が始まります。

私自身、ニキビ予防に効く飲み物は、ほとんど知られていません。

でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激する元になるので、控えた方が安心です。
ニキビと肌荒れは別ですが、肌にいけない事をすると、ニキビの原因にもつながりやすいのです。
コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)の最も知られている効果は美肌をゲットできることです。コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)を体に取り込向ことで、体内に存在するコラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)の活発な新陳代謝を促し、ハリと潤いのある肌を手に入れることができるのです。


体内のコラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)が減ると皮膚の老化が起きるので、若々しい肌をキープするためにもできるだけ摂取するようにしましょう。肌荒れが酷く、スキンケアの方法が分からない場合は、病院の皮膚科(肌の悩みはエステよりも皮膚科に行くべきでしょう)に行って相談すると安心です。荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを出してくれることもあります。
加えて、早寝はやおきで質の高い睡眠をたっぷりとるようにして、ビタミンやミネラルの多い食材を積極的に摂るように心掛けましょう。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる