貯蔵水としての役割

May 02 [Thu], 2013, 14:26
貯蓄水として注文した分も当然いつもの水として使うことができるので、ペットボトルの水を買いだめしておくよりも衛生的ですね。

またウォーターサーバーにセットして使用するウォーターサーバーは、容量が大きく重たいというイメージがありますが、台所を預かる主婦や女性の一人暮らしでも使いやすいようにと、小さなボトルのタイプも増えてきています。


スーパーやコンビニなどではペットボトルの水が売り切れてしまうと、再び在庫が戻って購入できるようになるまで時間がかかってしまいますが、ウォーターサーバーの水なら定期的に購入する分や、臨時で追加する分の在庫が確保されていることがほとんどです。

ウォーターサーバーのウォーターボトルは、各家庭の利用ペースにあわせてボトルの本数を調節できます。

毎月使用する分だけを届けてもらうようにすると経済的ですが、貯蔵水としてボトルを1本か2本程度多めに注文し、万が一水道が使えなくなったりボトルの宅配が休止してしまったりした時のために備える家庭も増えてきました。
参考になるサイト:貯蔵水としての役割
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まちゃ。
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yhhcr877/index1_0.rdf