マイクロソフト、IE 6とIE 7の脆弱性修正パッチをテスト中 / 2010年06月16日(水)
 米国Microsoftは3月12日、同社のブラウザ「Internet Explorer(IE)」に含まれる緊急性の高い脆弱性に対応する修正パッチのテストを行っていると表明した。しかし、次回の月例パッチ配布までに提供できるかどうかという点については明言を避けている。

【関連画像を含む詳細記事】

 Microsoft Security Response Center(MSRC)のシニア・マネジャーであるジェリー・ブライアント(Jerry Bryant)氏は、MSRCの公式ブログにおいて、「この問題に対処するためのセキュリティ・アップデートを、臨時にリリースすべきだという見方があることは承知している。しかし、今言えるのは、テスト中のアップデートを完成させるため懸命に作業をしているということだけだ」と説明している。

 MicrosoftがIE 6とIE 7に存在する同脆弱性が悪用されたと警告を発したのは、3月9日のことだった。その翌日には、イスラエルのセキュリティ専門家モシュ・ベン・アブ(Moshe Ben Abu)氏が同脆弱性を突くエクスプロイト・コードを公開した。

 すでにアブ氏がこのエクスプロイト・コードを公開する前から、セキュリティ専門家の間では、攻撃コードが公開された場合、Microsoftが臨時にセキュリティ・アップデートを行うのではないかという見方が広がっていた。

 しかしブライアント氏は12日に行ったMSRCのブログへのエントリで、「緊急アップデートの可能性を排除するものではない」と述べるにとどまった。

 Microsoftは12日、同脆弱性の原因となっている「Iepeers.dll」ファイルのコンポーネントを無効にするための自動修正ツール「Fix it」をリリースした。同ツールは、Windows XPとWindows Server 2003が稼働するマシンに対応する。

(Gregg Keizer/Computerworld米国版)

【3月15日15時51分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000002-cwj-secu
 
   
Posted at 02:14/ この記事のURL
ベッテルのトラブルはエキゾーストではなく点火プラグが原因 / 2010年06月16日(水)

 レッドブル・レーシングは、バーレーンGPで4位に終わったセバスチャン・ベッテルのマシンに関するトラブルが、当初言われていたエキゾーストのものではなかったことを明らかにした。

 バーレーンGP決勝をポールポジションからスタートしたベッテルは、レース中盤まで素晴らしい走りでフェラーリ2台をリードしていたものの、34周目に突如マシンのパワーを失い、直後にトップの座を明け渡してしまった。

 このパワーダウンの原因については当初からエキゾーストのトラブルが指摘されており、レース中のチーム無線およびレッドブルのプレスリリースにおいてもRB6の排気系の問題が若きドイツ人をペースダウンに陥れた理由だったと述べられている。

 しかしながら、レース後にチームが詳細な調査を行ったところ、問題はエキゾーストではなく、スパークプラグの故障であることがわかったという。

 ベッテルとチームは、このトラブルが原因で開幕戦の優勝を逃し、4位には入ったものの、優勝の25ポイントに対し12ポイントの獲得に留まっている。

[オートスポーツweb 2010年3月15日] 3月15日17時6分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 02:09/ この記事のURL
ベッテルのトラブルはエキゾーストではなく点火プラグが原因 / 2010年06月16日(水)

 レッドブル・レーシングは、バーレーンGPで4位に終わったセバスチャン・ベッテルのマシンに関するトラブルが、当初言われていたエキゾーストのものではなかったことを明らかにした。

 バーレーンGP決勝をポールポジションからスタートしたベッテルは、レース中盤まで素晴らしい走りでフェラーリ2台をリードしていたものの、34周目に突如マシンのパワーを失い、直後にトップの座を明け渡してしまった。

 このパワーダウンの原因については当初からエキゾーストのトラブルが指摘されており、レース中のチーム無線およびレッドブルのプレスリリースにおいてもRB6の排気系の問題が若きドイツ人をペースダウンに陥れた理由だったと述べられている。

 しかしながら、レース後にチームが詳細な調査を行ったところ、問題はエキゾーストではなく、スパークプラグの故障であることがわかったという。

 ベッテルとチームは、このトラブルが原因で開幕戦の優勝を逃し、4位には入ったものの、優勝の25ポイントに対し12ポイントの獲得に留まっている。

[オートスポーツweb 2010年3月15日] 3月15日17時6分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 01:31/ この記事のURL
<自転車>清水都貴がツール・ド・台湾第2ステージで優勝 / 2010年06月16日(水)
 チャイニーズ・タイペイで開催されているツール・ド・台湾は、3月15日に第2ステージが行われ、ブリヂストン・アンカーの清水都貴(28)が集団のスプリント合戦を制して初優勝した。清水はチームメートの山本雅道や伊丹健治らの援護を受けて、絶妙のタイミングでスパート。有力スプリンターを押しのけて区間勝利をものにした。
 大会は20日に台北にゴールする。

 清水は08年にフランスのステージレースで日本人初となる総合優勝を果たすなど、海外レースでの実績を持つ。昨年まではツール・ド・フランス出場を目標に掲げたエキップアサダで走ってきたが、同チームの活動停止にともなってブリヂストン・アンカーに移籍した。

【3月15日20時48分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000005-cyc-spo
 
   
Posted at 01:30/ この記事のURL
『アバター』のサム・ワーシントンが新作を引っ提げ、日本再上陸決定! / 2010年06月16日(水)
映画『アバター』で主演を務める俳優サム・ワーシントンが主演最新作『タイタンの戦い』の日本公開前の4月6日(火)に2度目の来日を果たすことが決定した。

映画『タイタンの戦い』の写真

『タイタンの戦い』は、神々が君臨し、壮絶な権力争いを繰り広げていた時代を舞台に、神々の王ゼウスの息子として生まれるも人間の子として育てられたペルセウスが、世界滅亡の危機を救うため冥界の王ハデスに戦いを挑む物語。

ワーシントンは、昨年の10月に主演作『アバター』のPRで来日したが、当時は映画公開前で、『ターミネーター4』で注目を集めてはいたものの、多くのメディアは彼を「ジェームズ・キャメロン監督が抜擢した新鋭」と紹介していた。しかしその後、『アバター』が公開され、全世界で記録的なヒットを飛ばしたことで、ワーシントンも大ブレイク。“世界最高の興収をあげた映画俳優”として半年ぶりに日本にやってくる。

ワーシントンは、来日の翌日4月7日(水)に都内で記者会見を行い、8日(木)に都内で行われる本作のジャパンプレミアに出席する予定。

『タイタンの戦い』
4月23日(金)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

【3月15日18時43分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000015-pia-movi
 
   
Posted at 01:07/ この記事のURL
マイクロソフト、IE 6とIE 7の脆弱性修正パッチをテスト中 / 2010年06月16日(水)
 米国Microsoftは3月12日、同社のブラウザ「Internet Explorer(IE)」に含まれる緊急性の高い脆弱性に対応する修正パッチのテストを行っていると表明した。しかし、次回の月例パッチ配布までに提供できるかどうかという点については明言を避けている。

【関連画像を含む詳細記事】

 Microsoft Security Response Center(MSRC)のシニア・マネジャーであるジェリー・ブライアント(Jerry Bryant)氏は、MSRCの公式ブログにおいて、「この問題に対処するためのセキュリティ・アップデートを、臨時にリリースすべきだという見方があることは承知している。しかし、今言えるのは、テスト中のアップデートを完成させるため懸命に作業をしているということだけだ」と説明している。

 MicrosoftがIE 6とIE 7に存在する同脆弱性が悪用されたと警告を発したのは、3月9日のことだった。その翌日には、イスラエルのセキュリティ専門家モシュ・ベン・アブ(Moshe Ben Abu)氏が同脆弱性を突くエクスプロイト・コードを公開した。

 すでにアブ氏がこのエクスプロイト・コードを公開する前から、セキュリティ専門家の間では、攻撃コードが公開された場合、Microsoftが臨時にセキュリティ・アップデートを行うのではないかという見方が広がっていた。

 しかしブライアント氏は12日に行ったMSRCのブログへのエントリで、「緊急アップデートの可能性を排除するものではない」と述べるにとどまった。

 Microsoftは12日、同脆弱性の原因となっている「Iepeers.dll」ファイルのコンポーネントを無効にするための自動修正ツール「Fix it」をリリースした。同ツールは、Windows XPとWindows Server 2003が稼働するマシンに対応する。

(Gregg Keizer/Computerworld米国版)

【3月15日15時51分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000002-cwj-secu
 
   
Posted at 01:00/ この記事のURL
ベッテルのトラブルはエキゾーストではなく点火プラグが原因 / 2010年06月15日(火)

 レッドブル・レーシングは、バーレーンGPで4位に終わったセバスチャン・ベッテルのマシンに関するトラブルが、当初言われていたエキゾーストのものではなかったことを明らかにした。

 バーレーンGP決勝をポールポジションからスタートしたベッテルは、レース中盤まで素晴らしい走りでフェラーリ2台をリードしていたものの、34周目に突如マシンのパワーを失い、直後にトップの座を明け渡してしまった。

 このパワーダウンの原因については当初からエキゾーストのトラブルが指摘されており、レース中のチーム無線およびレッドブルのプレスリリースにおいてもRB6の排気系の問題が若きドイツ人をペースダウンに陥れた理由だったと述べられている。

 しかしながら、レース後にチームが詳細な調査を行ったところ、問題はエキゾーストではなく、スパークプラグの故障であることがわかったという。

 ベッテルとチームは、このトラブルが原因で開幕戦の優勝を逃し、4位には入ったものの、優勝の25ポイントに対し12ポイントの獲得に留まっている。

[オートスポーツweb 2010年3月15日] 3月15日17時6分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 23:59/ この記事のURL
<自転車>清水都貴がツール・ド・台湾第2ステージで優勝 / 2010年06月15日(火)
 チャイニーズ・タイペイで開催されているツール・ド・台湾は、3月15日に第2ステージが行われ、ブリヂストン・アンカーの清水都貴(28)が集団のスプリント合戦を制して初優勝した。清水はチームメートの山本雅道や伊丹健治らの援護を受けて、絶妙のタイミングでスパート。有力スプリンターを押しのけて区間勝利をものにした。
 大会は20日に台北にゴールする。

 清水は08年にフランスのステージレースで日本人初となる総合優勝を果たすなど、海外レースでの実績を持つ。昨年まではツール・ド・フランス出場を目標に掲げたエキップアサダで走ってきたが、同チームの活動停止にともなってブリヂストン・アンカーに移籍した。

【3月15日20時48分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000005-cyc-spo
 
   
Posted at 23:57/ この記事のURL
マイクロソフト、IE 6とIE 7の脆弱性修正パッチをテスト中 / 2010年06月15日(火)
 米国Microsoftは3月12日、同社のブラウザ「Internet Explorer(IE)」に含まれる緊急性の高い脆弱性に対応する修正パッチのテストを行っていると表明した。しかし、次回の月例パッチ配布までに提供できるかどうかという点については明言を避けている。

【関連画像を含む詳細記事】

 Microsoft Security Response Center(MSRC)のシニア・マネジャーであるジェリー・ブライアント(Jerry Bryant)氏は、MSRCの公式ブログにおいて、「この問題に対処するためのセキュリティ・アップデートを、臨時にリリースすべきだという見方があることは承知している。しかし、今言えるのは、テスト中のアップデートを完成させるため懸命に作業をしているということだけだ」と説明している。

 MicrosoftがIE 6とIE 7に存在する同脆弱性が悪用されたと警告を発したのは、3月9日のことだった。その翌日には、イスラエルのセキュリティ専門家モシュ・ベン・アブ(Moshe Ben Abu)氏が同脆弱性を突くエクスプロイト・コードを公開した。

 すでにアブ氏がこのエクスプロイト・コードを公開する前から、セキュリティ専門家の間では、攻撃コードが公開された場合、Microsoftが臨時にセキュリティ・アップデートを行うのではないかという見方が広がっていた。

 しかしブライアント氏は12日に行ったMSRCのブログへのエントリで、「緊急アップデートの可能性を排除するものではない」と述べるにとどまった。

 Microsoftは12日、同脆弱性の原因となっている「Iepeers.dll」ファイルのコンポーネントを無効にするための自動修正ツール「Fix it」をリリースした。同ツールは、Windows XPとWindows Server 2003が稼働するマシンに対応する。

(Gregg Keizer/Computerworld米国版)

【3月15日15時51分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000002-cwj-secu
 
   
Posted at 23:27/ この記事のURL
ベッテルのトラブルはエキゾーストではなく点火プラグが原因 / 2010年06月15日(火)

 レッドブル・レーシングは、バーレーンGPで4位に終わったセバスチャン・ベッテルのマシンに関するトラブルが、当初言われていたエキゾーストのものではなかったことを明らかにした。

 バーレーンGP決勝をポールポジションからスタートしたベッテルは、レース中盤まで素晴らしい走りでフェラーリ2台をリードしていたものの、34周目に突如マシンのパワーを失い、直後にトップの座を明け渡してしまった。

 このパワーダウンの原因については当初からエキゾーストのトラブルが指摘されており、レース中のチーム無線およびレッドブルのプレスリリースにおいてもRB6の排気系の問題が若きドイツ人をペースダウンに陥れた理由だったと述べられている。

 しかしながら、レース後にチームが詳細な調査を行ったところ、問題はエキゾーストではなく、スパークプラグの故障であることがわかったという。

 ベッテルとチームは、このトラブルが原因で開幕戦の優勝を逃し、4位には入ったものの、優勝の25ポイントに対し12ポイントの獲得に留まっている。

[オートスポーツweb 2010年3月15日] 3月15日17時6分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 23:22/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!