小柳だけど藤吉

August 04 [Fri], 2017, 3:47
今まであまり聞いたことなかった言葉に「スメルハラスメント」というのがあり、なにか周囲から浮いた特殊なにおいを発することが与える迷惑のことを表す言葉だそうでこんなものにまで名前をつけやがってと、たばこを吸う私は思ったもんで、当初の事例は職場でのきつい香水についてとかもあったけど、この名前からは電車と会社とでの大衆のなかでの体臭の問題、これしか考えられない。この体臭ってなんなんだろうねえ。なんで自分を差し置いて他人のワキガがこんなに嫌なんだろう。だけど、自分のワキガについての対策をするのが大事かもしれないなと改めて感じましたね。チェックするのに耳垢の湿り気がポイントだとか言ってるけど、耳の中にあるアポクリン腺からの汗が耳垢を湿らせるからで、体のアポクリン腺も多いと判断できるんだそうだ。私のは湿っているからこれでワキガが確定したということなのかもしれないけど、それでも自覚はないんだよねえ。ABCクリニックの世話になる時が来たのかなあ。ABCクリニックは2008年創業の包茎治療専門医院で各地に同じグループ医院をいくつの開業しておりますが、それらはサテライトクリニックではなくあくまで独立した診療所として機能しており、グループとして手術方法とその治療費などを同じくしているが、院長自身の医師としての技能などに違いが出る形となります。全国20院の上野クリニック、全国14院のABCクリニック、全国31院の東京ノーストクリニックなど、人口密集地はくまなく網羅しておりワキガの治療やハゲの治療などを扱う医院もあったりいろいろですが、基本スタッフは全員男性で悩みを共有し、サポートも充実させることによって実績をあげています。西新宿の駅から歩いてすぐのところの最近知られるようになってきたメンズクリニックと言われるところで、この間の休みを利用して電車の広告で見た無料だというカウンセリングがどんなものか受けてみた。担当のカウンセラーも男性で今まで誰にも言えなかったワキガの治療方法を相談することができてよかったよ。この悩みの種であった包茎を治したいのだが知っているところといったら広告に載ってたABCクリニックくらいのもんだ。治療費はどのくらいかかるか見当もつかなかったのでちょっと検索をかけてみたら、ぞろぞろといろんなサイトが出てきた。その制度の違いで金額は左右されるようだ。どうもその症状の重さで治療費が大きく変わる可能性があるらしく、日常生活に影響を及ぼすような治療が不可欠と思われる症状ならば保険医療機関、例えば泌尿器科などで施術を受ければ普通に保険が効くのですが、仮性包茎の場合たとえ清潔感の問題から治療の必要性を感じたとしても保険が適用されないため、美容外科などで治療を受けることになります。一般的に女性の側から見た皮かむりというか包茎の事をどう思っているのか、よっぽどのことがないと関係無いはずの女性が気に掛けることはとくに思い当たらないんだけれどホントのところどうかな?カウンセリングと言うものを初めて体験した時担当のお兄さんは長い間人に言えなかった男性にしか言えないこの悩みを包み込むように聞いてもらった。その相談は性病かもしれないことについて治すにはいくら必要かの相談だったんです。包茎手術などの美容外科治療を選ぶことに負い目を感じる風潮が今でも多くあり、仮に誰かが美容外科手術を行ったことを公表するとしたらその治療を受けた人に対するプライバシーには十分に配慮しなければなりません。男性専用の美容外科はその利用者と共に年々増えてきて、美容外科医の人数の増加もあって、H19年には2200億円の規模に至りました。それからはクリニック間での競争化が起こり治療費用の下げ圧力が広がりそれに伴い伸び率は5%程にまで下がりました。2008年から今度は不景気の影響を受けて利用者の減少が見られ、経済規模も10%近く減る結果となった。国内の消費者生活センターに寄せられている、美容外科医院でのトラブルの報告も多くあり、このことからも患者と病院側による適切な取引がなされていない現状が垣間見えます。医院の側から「手術は早い方が良い」と契約を迫られたり「ひどく深刻な状態」などと不安をあおるなどして手術を勧める、キャッチセールスをするとか、長時間にわたる勧誘を行ったり、断わるそぶりを見せると、クレジットの利用を勧めてきて食い下がるなどだいぶ強引に契約をしている事例も多いと聞きます。契約後に解約を求めると「解約できない」と断られ、解約料を支払うよう要求してくると言ったケースも見られ、価格等の契約上の説明や施術内容やリスクについても充分なインフォームドコンセントがされていないケースも多く見られる。自由診療においてはごく典型的な治療費を広告するようにも決められていますが、仮にその広告を見た利用者が美容外科クリニックを訪れたときになってその広告の料金による治療の場合、あなたには効果が薄いとか言われて広告としてガイドラインに違反している可能性があります。もし元の価格で販売実績を持っていないとしたらそれは景品表示法にかかる事例だと言えます。インターネットやインターネット広告などにおいても医療機関のホームページでは医療広告とみなされず規制の対象ではなかったが、これからは規制が厳しくなるそうです。今日のED治療薬の素となるシルデナフィルは(Sildenafil)本来狭心症の治療薬として1990年ころから海外などで臨床試験などの研究開発が始められたものですけど狭心症に対して思わしい結果はえられずにいたとのこと。その結果、開発も臨床試験も中止の方向に向かっていたのですけど、なぜかそれを渋る被験者が多かった。それではじめて見つかった効果が男性の陰茎への効果が確認され、適応症とされた事だった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yghfghhrnciunu/index1_0.rdf