大学入試方法として最近多様化しており一

January 16 [Sat], 2016, 11:52
大学入試方法として最近多様化しており、一般入試・推薦入試は健在ですが、近頃は新しい入学方法・AO入試というものが人気です。



なおセンター利用の方法も継続しており、とてもたくさんの入学方法があるということになります。



一般入試だけにこだわらず、他の方法も調べた上で、一番入りやすいと思える方法を選びましょう。

一般入試以外では内申点を重視するものもあるので、高校一年生のうちから志望校を絞りきちんと調べて手遅れにならないようにしましょう。明確になりたい職業が決まっている人はいいのですが、何でもいいから大手企業に入って…と考えている人は、受ける学部は絞らないようにしましょう。学部を限定してしまって選択の幅が狭くなるより、偏差値の低めの学部を受けた方が当然偏差値が低くても同じ大学に入ることができます。



しかも、学部にもよりますが同じ偏差値で一つ上の大学に入れる場合もあります。

就職をする際には大学名が何よりも大切です。







国公立と私立大学には大きな違いがあります。







まず、国公立は学費がとても安いのがメリットですが、その分受験のハードルが高く、偏差値も上がってしまっています。







逆に私立については、学費は高いですが受験科目が2〜3科目のところが多く、選ばなければ誰でも入学できてしまいます。国公立は文系でも理系の、理系でも文系の教科をやる必要がありますが、私立はたいていそういったことはありません。





金銭面や勉強の得意不得意なども考えしっかり考えた上で志望校を決定しましょう。

受験勉強中には、必ず模試受験しましょう。入試当日と同じ時間の進み方を体験できるので、起きる時間やテストの時間配分などいろいろ試すことができます。



言わずもがなですが、偏差値が出ると言うメリットも大きいです。場合によっては志望校を変えることもあるでしょうし、継続して受ければ数ヶ月前の自分との比較もできモチベーションアップになります。ただひたすら勉強をするだけでなく、すぐ目の前の目標・模試というのも勉強を進める上でとても大切ですよ。



なかなか集中して勉強できない受験生は、まず目標の勉強スケジュールを作り、一週間だけでいいのでスケジュール通りに机に向かってみましょう。

最初はとても苦痛でつい気が散ってしまうかもしれません。しかし、そこをどうにか頑張って、とにかく一週間頑張ってみてください。それさえ乗り越えられれば、勉強するのが当たり前の習慣が身に付いているでしょう。大学受験数学でおすすめなのが「チャート式」です。何冊かレベル分けがされていますが、特に「黄チャート」と青い表紙の「青チャート」の2冊で偏差値50前後から70前後まで使える2冊です。数学で点数がとれないという人や明治・青学・立教・中央・法政・学習院の通称GMARCHを目指す人は「黄チャート」だけで大丈夫です。







数学が得意で上位校を受験する人は「青チャート」から入ってもいいでしょう。



もしあなたが東大・京大を目指す場合であっても「青チャート」で合格も可能です。大学受験では、通称GMARCHという枠組みがあります。







学習院・明治・青学・立教・中央・法政の総称で偏差値としては早慶と日東駒専の間くらいに位置します。



偏差値は60前後になっています。とは言え、60前後の大学はまだまだたくさんあり、東京理科大・津田塾大・日本女子大・同志社大・立命館大なども同じレベルです。







ここに挙げた以外もたくさんあり、GMARCH以外の大学もしっかり調べ他の大学も視野に入れて大学選びをするべきですよ。



大学受験のポイントは、学校の授業をおろそかにしないということです。晴れて高校に合格し、さあ遊ぶぞと思っている人も多いでしょう。



でも、大学受験に効率がいいのは、授業中に全て覚えるような気持ちで確実に習得することです。どっちにしても高校の授業は出席しないといけないのですから、適当に過ごしていては時間がもったいないと思いませんか?しっかり聞けば、偏差値の高い大学も目指せますよ。

センター試験の現代文については、勉強しても点数が上がらないという人も多いはずです。

他の教科とは大きく異なり、現代文の問題をこなせばこなすほど点が伸びるものではないのです。センター現代文では、特有のコツがあるのです。





まず、「本文で述べているもののみを選ぶ」というのがあります。





常識的に考えて合っている選択肢でも、本文中に書いていない内容を含むものは言及していないものは選んではいけないのです。



真面目な人は特に、とことん勉強時間を増やすことを考えると思いますが、成果を上げたいからこそ、運動も必要になってきます。







最近の研究では、軽い運動をしている人の方が、記憶力や勉強の効率が上がったそうです。



短時間で構いませんから、ジョギングやエクササイズなどを勉強の合間に行うようにしましょう。勉強に使う時間は減る可能性もありますが、それを鑑みても運動をした方が効率が良いのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ygetnmaaseabrc/index1_0.rdf