ここ最近はICカードを収納できるケースも増えてきたが、そのどれもが収納部分

March 22 [Sun], 2015, 20:35

ルイヴィトン iphone6ケース携帯ケース


【商品名】:ルイヴィトン iphone6ケース ジャケットアイフォン6カバー ブランド iphone6 plusケース通販 5.5インチ


【対応機種】: iphone6 iphone6 plus


【ご注意】:


●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気にされる方は、トラブ

ル防止のためご入札をご遠慮ください。


●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。


●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。


●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。


バルセロナ発--サムスンは現地時間3月1日、新型スマートフォン「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」を発表した。

 「GALAXY S5」をスリムにした後継機種Galaxy S6と、曲面ディスプレイを搭載するGalaxy S6 edgeでは、プラスチック製でバッテリが取り外し可能というサムスンのこれまでの主力スマートフォ

ンで採用されていた功利主義的な要素がついに取り除かれている。両製品は、ガラスを多用したシャープなメタル製ボディで、スマートフォン市場に投入される。
6Plusケースシャネル
 2機種の新製品はよく似ている。ともに「Android 5.0 Lollipop」を搭載し、5.1インチの高解像度ディスプレイを装備する。ただし、Galaxy S6 edgeは、ガラス製エッジが両サイドでカーブして

、端末の両方の長い側面が、表示可能な滑らかなディスプレイで覆われているという点が、アピールポイントとなっている。

 サムスンは、スペンのバルセロナで毎年開催され、スマートフォンを世界に披露する場として間違いなく最も重要な見本市Mobile World Congressで、互いに類似するこの2製品を発表した。両製

品が世界中で発売されるのは2015年第2四半期以降だ(サムスンはどちらの価格もまだ発表していない)。

 高級なメタルデザインと改良された指紋スキャナといった、新しいS6シリーズ製品の一部の特長は、「iPhone 6」に対して巻き返しを図るものだ。iPhone 6は2014年、サムスンが最初に採用した

大画面を搭載してリリースされた。サムスンは3月1日の記者会見でさらに、 S6シリーズ製品で提供開始される予定の「Apple Pay」に競合するサービスも発表した。その名もまさかの「Samsung Pay

」だ。

 その他にもアップグレードがみられる一方で、残念なトレードオフがなされている。Galaxy S6とS6 edgeには、取り外し可能バッテリとmicroSDカードスロットがなく、GALAXY S5の防水性もない

。一方、edgeの側面を覆う曲面ディスプレイは、「Note Edge」の曲面ディスプレイと比べてあまりにも細く、その存在意義が微妙だ。また、サムスン独自の「Exynos」プロセッサは(競合するほと

んどの「Android」搭載ハイエンド製品に採用されるQualcommの「Snapdragon 810」と比較した)試験データがなく、その性能は不透明である。
国のGDP(国内総生産)はすでにドルベースで日本の約2倍となった。しかし、実態は「張り子の虎」。いまだ日本抜きで中国経済は成り立たない。中国の製造業は日本企業の製品や技術が支えてい

るといっても過言ではない。企業のコンサルティングを行なうなど中国ビジネスに詳しい高田拓氏が語る。
グッチ iphone6 ケース
「例えば、白物家電でトップクラスの世界シェアを誇る中国の家電メーカー?ハイアールの冷蔵庫を分解してみると、特に上位機種ほど、コンプレッサーなどの基幹部品はパナソニックなど日本製が

使われています」

 他にも、2008年にノンインバーターエアコンで世界市場1位だった中国メーカー?珠海格力電器(グリー?エレクトリック)と業務提携した空調大手のダイキン工業は、同社に独自の「インバーター

技術」を供与。代わりにグリーのコスト競争力を得ることで、かつてはゼロに近かった中国国内のインバーター機普及率を6割近くまで高めた。

「最近では中国市場に数多くあった日本ブランドの家電製品、携帯電話の影が薄くなっているが、ハイアールやダイキンの例に見られるように、基幹部品や技術で多くの“日本製”が内蔵されてい

る。つまり、日本企業は『BtoB』に構造転換しているのだ。一見して見えにくいが、実は日本が中国企業の躍進を下支えしているといえる」(高田氏)

 自動車でも同じことが言え、サプライチェーンの上流部、付加価値の高い分野で日本企業の製品は大きな存在感を発揮している。中国で組み立てられるスマートフォン「iPhone6」は、部品の半数

が日本製で構成されている。

 日本の技術力がなければ、世界第2位の中国経済もまた、なかった。『日本経済がなければ中国?韓国は成り立たない』(海竜社刊)を上梓した真壁昭夫?信州大学教授が語る。

「輸出入を合わせた中国の貿易量では、日本が3位の相手国(香港を除く)。日本より上位の欧州と米国はどちらもGDP16兆ドル前後、人口も3億人を超える。日本はそれらに比べて人口も経済規模も

小さいが、中国経済に占める存在感は大きい。

 中国への直接投資でも、2014年は前年比38.8%減と大きく落ち込んだが、それでも2位を占めている。数字に表われない技術移転も多いから、総合的に見れば、中国の日本への依存度が高いことが

わかる」するとの発表に中国ネットユーザーが注目している。

シャネルiphone6ケース

京華時報によると、韓国のサムスン電子は26日、現在の「楽観視できない」経営状況の下で会社の競争力を高めるために、2009年以来初めて従業員の給与水準を凍結すると発表した。サムスンは昨

年、世界のスマホ市場でシェアが激減。米アップルや中国メーカーとの競争が激化したスマートフォン事業での不振が給与水準の凍結に影響したとの見方が強い。以下は中国ネットに寄せられたコ

メント。

「サムスン製品は、サービス水準が最悪で品質も悪い。デザインはまあまあだが、価格水準はべらぼうに高い」

「サムスンは終焉が近い」
「iPhone6はサムスンを玉砕。2015年はアップルの1人勝ちだな」
「人材を奪い合う現状で従業員への投資をケチったら競争力を失う」
「中国メーカーにも追いつかれたサムスンはますます多くの難題に直面する」人間は欲深きものだ。

前回のレビューで、iPhoneケースの意外な弱点であるDゾーンを守るウルスのアルミ合金製バンパー「GRAVITY CASTRUM」を紹介した。

【もっとほかの写真をみる】

アルミで覆われた無骨なデザインに、精密機械のような繊細な仕上げ。弱点であるDゾーンを守りながらもグリップ力も抜群、それでいてiPhone 6の薄さを損なわない。個人的に最強のiPhoneバンパ

ーだと自負していた。

だが、人間は欲深きもの。いや人の心は移ろいやすいもの。
シャネルiphone6 ケース
手に持った時の鋭利な感触やメカニカルな風貌が、どこか男性的すぎるのではないだろうかと。いや、それはそれでいい。あの時の自分はiPhone 6を破損させ落胆していたから、強さを求めていた

。あの時の自分はスタイリッシュで頑丈なバンパーを求めていたのだから、バカボンのパパでなくとも、それでいいのだ。

しかし本来、iPhone 6のデザインには女性的な面もある。丸みを帯びたデザインに、手にした時の抱き心地の良さ。まるで宝石のように美しくもあり、カーブドエッジに反射する光沢はラグジュア

リーな雰囲気さえ漂わせている。iPhone 6を形容する言葉は美しいよりも、セクシーなのかもしれない。セクシーで可憐な女性に、アイアンマンのような鎧を着させていいのだろうか。

いくらiPhone 6が美しいからといって、一度液晶画面を割った自分は裸のままで使う愛も勇気も、アンパンマンもない。男性的な無骨なデザインの「GRAVITY CASTRUM」も格好良くて手放せないが、

一方で女性的なセクシーさを引き立てるケースはないのだろうか? そこで見つけたのが同じウルスから発売されている「GRAVITY ハイブリッドバンパー iPhone 6」だ。

○セクシーな輝きを放つアルミバンパー
6Plusケースシャネル
「GRAVITY ハイブリッドバンパー iPhone 6」はDゾーンを守りながらも、薄さとセクシーさを損なわない洗練されたデザインだ。前回の「GRAVITY CASTRUM」は手にするとフレームの縁に鋭利な感覚

があったが、こちらのハイブリッドバンパーはiPhone 6と同じように丸みを帯びたフレームで、手に優しく、裸で持つ感触に近い。純正よりもやや光沢があり、ラグジュアリーなドレスをまとった

ような高級感がある。iPhoneとの一体感も抜群だ。男なら一度は峰不二子をモノにしたいと思うが、このハイブリッドバンパーもセクシーな色艶をムンムンと放っている。

○背面もしっかり守り、電波干渉も抑制する一石二鳥なソフトケース

最大の特長はバンパータイプでありながら、TPUケースで背面も守られていること。薄型TPUケースと、フレームを組み合わせた2層構造となっており、そのためハイブリットと呼ばれる。本来はむき

出しになっている背面がソフトケースで守られているため、傷つく恐れもない。ちなみに間にソフトケースが入っているため、アルミバンパーによる電波干渉も抑制してくれる。このソフトケース

が繊細で可憐なiPhoneを優しく包み込み、電波干渉も抑制してくれる一石二鳥な構造となっている。

○工具いらずのスクリューレス仕様

バンパータイプはその構造上、フレームを分離してネジで止めるものが多い。しかしこの「ハイブリッドバンパー」にネジはなく、フレーム上部のフックを外して装着できる。ネジが小さいために

取り付けに苦労することもあるが、このタイプならワンタッチで着脱ができる。美女のケアは手間がかかるものだが、このハイブリッドバンパーは手間がなく、余計なネジ穴もないシンプルな作り

が、また美しさに磨きをかけている。
新品グッチiphone6 ケース
○背面のTPUケースが意外なグリップ力を発揮

バンパータイプはサイドがツルツルしているため滑りやすい傾向がある。しかしこの「ハイブリッドバンパー」はどうだろう。手にすると背面のTPUケース部分に予想外の摩擦力があるため、手から

滑りにくいというか、手に吸い付く感覚すら感じさせる。硬質で冷たい感触のあるiPhone 6だが、ソフトケースのおかげでほんの微かに弾力性があって安らぎを感じさせてくれる。見た目はクール

ビューティ、手にすると温かみを感じさせるという、ある意味ツンデレなバンパー。

○背面ケース付きバンパーだからできた意外な使い道
超人気iphoneケース
公式では推奨していないが、ハイブリッドバンパーの意外な使い道を発見した。それはこのハイブリッドバンパーはICカードが背面ケースの内側に入れられること。ほぼギリギリ、いや無理矢理な

感じもあったが、薄型ケースでありながらICカードが収納できた意義は大きい。

例えばSuicaやPASMOなどを入れれば、財布を取り出すことなくiPhoneをタッチするだけで改札を通り抜けたり、ちょっとした買い物でもiPhoneだけ持って行ってコンビニに行くことができる。おサ

イフケータイもApple PayもまだできないiPhoneでは、このようにケースにICカードを収納して決済すると大変便利だ。

ここ最近はICカードを収納できるケースも増えてきたが、そのどれもが収納部分があるため分厚いケースか、オッサン臭い手帳タイプのものだった。今回はバンパータイプでありながら、背面ケー

ス付きという構造のためICカードが収納できたのだ。これはおそらく背面にガラスフィルムを張った場合のことを考えて、「遊び」の部分があったから可能になったのではないかと考える。いずれ

にせよ、薄型ながらこのような使い方ができるだけでも、「買い」と断言できる代物だ。

○美しさと機能が融合した才色兼備のハイブリッドバンパー

高級感のあるアルミバンパーと、背面を守るソフトケースが付きながらも、3,685円(税別)とお求めやすい価格設定。iPhoneの薄さやデザイン性、セクシーさを損なわずに、さらにスマートなバンパ

ーを望む欲深い方にはぴったりだろう。またTPUケースを挟むことで電波干渉も抑制できたり、裏技としてICでカードを収納することもできる。スタイリッシュなデザインだけではなく、機能性も兼

ね備えた、まさに才色兼備のiPhoneケース。
超人気iphoneケース
iPhone 6のDゾーンを守るだけではなく、バンパータイプでは守りきれなかった背面をもガードする。守るべきものが増えたオトコはさらに強くなる。数カ月前にiPhone 6を破損してクヨクヨしてい

た自分が、この「GRAVITY ハイブリッドバンパー iPhone 6」と出会い、またひとつオトコをあげたのだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yseyt
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ygaeym/index1_0.rdf