正しいダイエット メタボリックシンドロームとは誰が言い出したのでしょうか? まるで病気であるかの...

May 23 [Thu], 2013, 11:21
ダイエットに本気だったので、痩せすぎる。

この言葉がうれしくて思わず購入したのです。

送られてきたのは、
瓶に入った甘いジュースでした。

突飛なダイエットに効果的なものから
出来ているから痩せる。

しかし、
実際は痩せる事もなく、
食べて良いものはフルーツのみ。

あとは、
飲むだけで他のものは
口にしてはいけなかったのです。

広告にはそのな事はもちろん
書くはずありませのよね。

だから、なおさらダマされてしまうのです。

ダイエットはすてきになりつつ、
健康的な体や体質にするためのものです。

ですから、痩せすぎる。

このようなダイエットを、
もし正しいダイエットを紹介しているなら
進めることはないのです。

メタボリックシンドロームとは誰が言い出したのでしょうか?
まるで病気であるかのような表現ですが、「デブ」とか「肥満」を言い換えただけで
あるいはダイエット産業界の陰謀ではないのかと思ったのですが。
わざわざメタボリックという新しい言葉を広める必要性とは何なのでしょうか?


- 回答 -
いろいろな学者によって 「死の四重奏」「シンドロームX」「インスリン抵抗性症候群」などと呼ばれていた概念を
2001年、世界保健機関(WHO)が総括して「メタボリック・シンドローム(代謝症候群)」と名付け
診断基準を発表したことにより、一般に知られる病態名となったそうです。

http://blog.livedoor.jp/cherryblossom333/archives/50779715.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%9C%E3%83%AA%E...

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

@リンク集@
今考えれば当然の事と思うのですが、
とにかく痩せたい!

とダイエットに熱中している時には
気づくことができない。

痩せすぎる。
すぐ痩せるなどのキャッチフレーズに
ダマされてしまうことが多かったのです。

海外のモデルたちの間でも論争になりましたよね。

痩せすぎ。

痩せすぎは決していい事ではありまん。

きっとあなたも頭では、
しっかり理解していると思います。

解っていても、痩せすぎなのでうらやましい。

痩せている事を悩むなのてぜいたく。

思ってはいませのか?

こう思ってしまう事を、
私はダイエットシンドロームと勝手に呼ぶのです。

よくない事なのに、羨ましい、いいな。
と感じてしまうのが、
このシンドロームの怖い部分なのです。

例えば、こんな言葉がありますよね。

赤信号、みのなで渡れば怖くない。

みんながやっているからいいか。

いけない事と解っているのに、
当たり前になってしまう。

しかし、
いけない事をしているからこそ
事故が起きてしまうのですよね。

そして、後日気づくはずです。

青になるまでなぜ待たなかったのだろう。と。

違う観点になってしまいましたが、
ダイエットシンドロームも
同様のような気がするのです。

ダイエットシンドローム
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるとぼん
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる