GWが基本暇なんで…

May 07 [Mon], 2012, 3:07
需要なんてみじんもないけど、唐突になんでもレビューを始めまーす。
なんでもってのはゲームだのCDだの本だのですネタバレは極力しないように心がけます第1回の今回はSCEが作ったPlayStationVITA用ソフトGRAVITYDAZE重力的眩暈上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動ですタイトル長いねえしかもよく意味がわからないし普通グラビティデイズとかデイズとか略しちゃいますここではGDとしときますまずどんなゲームなのかというとですねとりあえずこのPVを見て下さい手抜きじゃないよ。
これみても正直なにするゲームか分からないと思いますけどねまあごく簡単に説明するとですね重力を操って、敵を倒していくゲームです重力を操ると言っても、よくゲームとかであるいや、これもゲームだけど重力波みたいなものを使うわけじゃなく、指定した方向に落ちることができますこれが新感覚なんですよ既存のゲームにはない操作感まあ体験版が出てるんで、それをやって貰えれば重力操作の感覚はわかるし、それはそれで感動できるんですけど、はっきり言って体験版をやっただけではGDの魅力の2割も体感できません。
というのもGDはいわゆる箱庭ゲーの一種です分からない人はググってね巨大な街の下の方から上の方まで一気に飛ぶ、いや落ちるのはとても快感ですちなみにGDのキャッチコピーは少女は、空に落ちるこれは本当にGDの本質を的確に表現してるものだと思いますねさらにちなみに、このゲームを手がけた外山圭一郎ディレクターの過去作、ホラーゲームSIRENのキャッチコピーはどうあがいても、絶望。
これも的確すぎるものですねそのうちSIRENのレビューもしたいなあとか思ったけど、如何せんまだクリアしてないし文字通り絶望してるしって感じさてGDの話に戻ろう音楽がこれまたいいタイトル曲がそのままGRAVITYDAZE重力的眩暈というんだがフルオーケストラで演奏されていて、とにかくかっこいい個人的にここ最近のゲームBGMの中の5本の指に入るこの曲の他にもオーケストラの曲や逆に打ち込みの曲など聴いていて飽きないここいらで欠唐熄ュし書いておくゲーム起動して初回のロードがとにかく長い1回ロードしてしまえば、あとは街のどこに行くにもシームレスで行けるんだけどねまあ膨大なマップデータを読み込んでるんだから仕方ないとも言える人によっては、重力操作で酔うかも視唐頻繁に変えなくちゃいけないからね街にオプションが欲しい街は広大でいろんな所に行くのも面白いんだけど、もう少し敵とか出してほしいねとまあここまで色々書いてきたわけですけど、VITAを持ってるなら、間違い無く買って損はしませんステマじゃないよとても面白いゲームです以後、雑記ですこんな駄文を読んでくれてありがとうございますいやLet's乱交パーティー、読まれていない可能性も勿烽驍档bだが書くのって難しいね。
どうやったらうまい読みやすい文章って書けるようになるんだろ。
これ続けていくうちにうまくなっていくといいな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yfyswdooor
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yfyswdooor/index1_0.rdf