それでもボクはやってない

November 16 [Fri], 2012, 0:03
現代株式会社レイリー人は恐らく日本人に限ったことではないが老人から子供まで骨抜きになっている。
良識とかモラルといったものがすっかり形骸化してしまった。
キルケゴールが19世紀半ばに書いた現代の批判でキルケゴールは当時のデンマークを結局は金がすべての世の中になっていると言っている。
その一方で教養とか道徳が過剰に消費されていると言う。
要するに偽善が支配している現実を批判しているのである。
日本は戦後キルケゴールが生きたデンマークと同様の状況へ堕ちて行った。
現代日本には卓越した指導能力を持つ指導者が存在しない。
田中角栄の時代からその状況に拍車がかかる。
一極集中と情報化、そして高度経済成長によって中央に位置する指導者たちが揃って馴れ合い、足を引っ張りあって堕落したからである。
今その惰性を振り切らなければ日本は、世界は間違いなく破滅する。
正直に生きる人間が報われない。
現代の指導者は頑として妥協を拒み続けなければならないのだ。
子供たちの未来の為に今こそ実力ある指導者は立ち上がらねばならない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yfmigdvs6q
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yfmigdvs6q/index1_0.rdf