カリフォルニアアシカで葛原

September 21 [Thu], 2017, 15:41
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。



これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。



義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。



さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。



こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。



十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sosuke
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる