男性ホルモンを抑える育毛方法 おでこの生え際が透けるのを予防する! 

April 29 [Fri], 2016, 19:55
おでこの生え際が透けて止まらない悩みで困っていませんか?



仕事でお客様や会社の同僚と話をしていると
相手の目線がおでこの生え際を見られている気がして
会話に集中できなくて悩みます。

生え際が透けるのは、髪が細くなったか
抜け毛の量より、新しく髪が生えてくるタイミングが
少ないことに原因があります。

新しく髪が生えてくるタイミングが遅くなるのは
ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などが考えられ
生活習慣を見直すことで改善できます。

ただ、仕事していると生活習慣を改善することは
自分だけでなく、周りの方にも影響するので、なかなか
改善できない方が多いみたいです。


■髪の毛が抜けるのは男性ホルモンが影響している!?

髪の毛が抜けやすくなるのは、男性ホルモンの
ジヒドロテストステロンが影響しています。

髪の毛のほとんどがタンパク質で出来ていて
ジヒドロテストステロンが多いと、タンパク質を作るのを
邪魔して髪の毛を作ることができなくなります。

男性ホルモン中のジヒドロテストステロンの量が
多いと抜け毛が多くなり、生えてくる髪の毛が減り
おでこの生え際や頭皮が白く透けてきます。

この元凶であるジヒドロテストステロンを抑制することで、
抜け毛予防と薄毛を改善することができます。


■ジヒドロテストステロンの抑制は自力でできる?

抜け毛や薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンを
抑制するためには、食事やストレス、睡眠などの
生活習慣を見直す必要があります。

特に食生活の改善は大切で、好き嫌いが多い人は
バランスのとれた食事をしましょう。

亜鉛を摂取すると抑制効果が高いので
納豆やエビ、レバー、チーズ、ゴマなどを
上手くメニューに取り入れましょう。

ストレスや睡眠不足は、亜鉛を消費してしまうので
ストレスをためない生活と、7時間以上の睡眠をして
生活リズムを整えることが大切です。

ストレス解消にはウォーキングやランニングがいいので
習慣的に行うのもおすすめですよ。


でも、仕事が忙しくてなかなか健康的な食生活や
規則正しい生活リズムを維持するのはかなり難しいです。

そんな忙しい方におすすめなのが
薄毛や抜け毛でお困りの方に人気の
QEPPER(ケッパー)がおすすめです。

理由は、サプリメントと育毛ローションのセットで、
体の外側と内側の両方から抜け毛予防ができるからです。

サプリでジヒドロテストステロンの抑制をしながら
育毛ローションで頭皮の血行をよくしてくれて
太い髪を育ててくれます。

髪の生えるサイクルは3ヵ月以上なので
QEPPER(ケッパー)も3ヶ月以上続けることで
新しい髪になって初めて効果が分かります。

初回は特別価格の1,000円で購入できるので
お得に試すことが出来るでしょう。

気になる方は下記のバナーをクリックして
詳細ページをご覧ください。

↓ ↓ ↓










ストレスに強くなると頭皮の状態もよくなる!? 

April 29 [Fri], 2016, 19:54
抜け毛に悩まされている人は
ストレスがたまり、頭皮に負担をかけて
いるかもしれません。

ビタミンB2は、細胞の再生やエネルギー代謝を
促進して、健康な毛髪を作る作用があります。

ビタミンB2が不足するとストレスが
たまりやすくなります。

そうならないためには、小豆を食べることで
頭皮の状態もよくなります。

小豆には、血行不良などで薄毛や脱毛の原因に
なるのを防ぐ効果があります。

おすすめは、小豆茶が簡単に摂取できます。

小豆茶は、水に小豆を入れて1日置きます。

弱火で30分ほど煮て、ふきこぼれそうになったら
コップ1杯を入れて、さらに煮ます。

水の量が3分の2ぐらいになったら
火を止めて出来上がりです。

そのまま飲んでもいいし、冷やして飲んでも
効果は変わらないみたいです。

ぜひ、試してみてください。



カプサイシンとイソフラボンのダブル効果で抜け毛を改善する方法 

April 29 [Fri], 2016, 19:53
カプサイシンとイソフラボンが
抜け毛の改善や予防に効果があることが
分かってきました。

カプサイシンは、唐辛子に含まれていて
イソフラボンは大豆に入っています。

この2つを毎日摂取することで
髪の生長期間が延びたり、毛根の細胞を
活性化する効果があります。

サプリメントや育毛剤と平行して
行うことでより、効果がでます。

おすすめの摂取方法は、味噌汁の中に
一味唐辛子を入れて食べる方法です。

これなら同時に摂取できるので
毎日続けやすいと思います。