血液ドロドロ対策に必要な期間

September 16 [Wed], 2015, 8:43
血液どろどろを改善しようとした場合、どの用に努力すれば良いのでしょうか?

食習慣や生活態度を見直すことで、症状が軽ければ3日程度で血液の状態に変化が現れてまいります。

ただし、あくまでもそれは一時的なものですので、サラサラな血液をしっかりと定着させるには2週間〜3週間は掛かると考えましょう。血液のドロドロが深刻であれば、もっと時間が掛かってしまうものです。

仮に、暴飲暴食で血小板が固まりやすくなっている場合だと一か月間は最低でも必要だと考えられています。

高脂血症(2007年7月に「脂質異常症」と改名されております)の状態になると3ヵ月間くらいは時間がかかりますし、どろどろ血液が最も酷い糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)の状態だと非常に治りづらく、最低でも3ヵ月以上かけないと改善するのはむずかしいでしょう。

以上」ように深刻度によって期間は異なってまいります。

初期段階で治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を行えば、簡単に治すことも可能になりますが、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることもありがちなことです)がすすんでしまうと治すのに時間がかかってしまうでしょう。

>>健康生活の医療日記<<
>>肝臓に大きな負担となるヘルシアの高濃度茶カテキン<<
>>飲酒後1〜2時間で吸収されたアルコールを分解する肝臓<<

そのため、早い段階で発見・早い段階で治療が大事になるため、生活習慣(生活する上での習慣のことです)や食習慣に不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を抱えている方は一度検査を受けた方がいいかもしれません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はなこyeutw5f3
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yeutw5f3/index1_0.rdf