システムトレードを利用する最大の利点

February 14 [Sat], 2015, 20:05
FXには今まで数多くの手法が生み出されては消えていきます。記憶に新しいのは、リーマンショック前まで爆発的に増えた円キャリートレード。しかし、ご存じの通り、サブプライム問題の表面化以降急激に進んだ円高によって多くの個人投資家が大きな含み損を抱えることになりました。

その後は編み出されたのはスキャルピング。長期的な市場の動向は誰も分からないというスタンスから、短期的な市場の超微細な動きを狙って、1銭や2銭の利益を狙うものです。

しかし1銭2銭の細かい利益を積み上げては、10銭20銭の損失ですべての利益を吐き出すというように、多くの個人投資家がマーケットを去っていきました。

失敗する手法に多く共通するのは「心理面」の認識の甘さです。人間は利益は出来るだけ早く確定させようとするのに対し、損失はいつか戻るかもという淡い期待でドンドンと取り返しのつかない大きな損失へと陥ってしまうのです。

このように利益よりも損失のほうが多い手法で取引をしていると、いつか証拠金が溶けてなくなってしまうのも目に見えています。

そこで、近年になって急速にシェアを伸ばしてきているのが、システムトレードです。

システムトレードではエントリーから決済まですべての取引を自動で行ってくれるのです。システムトレードの利点は何と言っても心理的なマイナス要素を除外してくれることです。あらかじめ決められた取引手法で、文字通り機械的にエントリーから利益確定、また損切りまで行ってくれるのです。ここには人間の心理的な弱さからくる失敗が入り込む余地がなく、手法が確かなものならば淡々と利益を積みあげてくれます。

さらに24時間為替市場を監視して、常にエントリーのタイミングを見計らっているので、深夜眠い目をこすりながら、動かない市場にイライラすることもありません。

また同時にいくつもの通貨を同時にチェックするなど、人間が物理的に不可能な取引を行えるのも大きな魅力です。

これまでFXに挫折してきた方も、システムトレードで損失を大きく取り戻せるかもしれません。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yenx100/index1_0.rdf