宗像と菱田

December 31 [Thu], 2015, 11:02
カミソリでの脱毛は取りやすい方法ですが、傷めた肌にしてしまわないように気を付けなければなりません。カミソリの刃は鋭いものを選び、シェービングフォーム、ジェルなどを使って摩擦を少なくします。向きはムダ毛の生えている方向にして剃らなければいけません。さらに、脱毛作業の後には確実にアフターケアを行ってください。
毛抜きを使ってムダ毛を抜くのは、自分で行うムダ毛処理方法の中でも、あまり良いやり方ではないといえます。毛抜きだけでできますが、時間の無駄になりますし、埋まれ毛になる原因となってしまいます。ですので、脱毛を毛抜きで行うのは避けたほうがよいでしょう。ツルツルの肌になりたいのなら、お肌にかかる負担を考えてムダ毛処理のやり方を選びましょう。
ムダ毛の処理としてワックス脱毛をしている方が実は意外といるのです。ワックスを手作りしてムダ毛の処理をしている方もいるそうです。ところが、ムダ毛を毛抜きで処理するよりは短時間で済みますが、肌を傷つけてしまうことには間違いありません。埋もれ毛ができてしまう可能性があるので、特に気にしなければなりません。
電気シェーバーでムダ毛を処理するのは、お肌へのストレスが少なく、比較的良いやり方です。ただ、肌の表面にあるムダ毛処理しかできませんから、しばらくすると伸びてしまい、度々始末しなくてはならないのです。それに、全くお肌に負担がないわけではないので、敏感な肌の人は異なる手段で不要な毛に対処して下さい。
手入れが必要な毛を処理する場合に、エステに行かずに部屋でクリーム脱毛を行い、なんとかしてしまうことは女子のあるあるです。体表の余分な毛は脱毛クリームで溶けてしまうので、スベピカ素肌の完成です。しかし、毛を溶かす薬剤は肌を攻撃する力も強いので、他の人に影響がなくても自分に肌トラブルが起きないとは限りません。それだけでなく、気が付くと余分な毛が顔を出しているのも困ったものです。
ワキや足の毛を処理するのにお家用の脱毛器を購入する人が増えています。エステと見違えるような性能の高い商品が出ているので光脱毛できるものもあります。しかし、思っているほどいい脱毛器は値段が高く脱毛してみると痛かったり、ほとんど使わなくなる人も大勢います。
ムダ毛を処理する時には、いきなりエステにはいかず自己処理から始める人が多いのではないでしょうか。近年は、家庭で使える脱毛器も見かけるようになっていますから、お金のかかるエステや脱毛クリニックにわざわざ行かなくてもと考える人も多いのは事実です。でも、自己処理にもデメリットはあり、自己処理をすると仕上がりはやはり脱毛サロンや脱毛クリニックには劣りますし、生えてくるまでの時間も少ないので、どうしても処理の頻度は多くなって肌には負担がかかるので、注意が必要でしょう。
脚のいらない毛を脱毛サロンではないところで、自分の力のみで美しく脱毛するのは難しいです。普段はあまり意識しませんが、脚は所どころカーブしてますし、しづらい部分もありますので、自己処理のみでムダ毛が見当たらないキレイな肌に仕上げるのは簡単ではないでしょう。脱毛をしてくれるサロンに赴けば、処理し忘れた毛が生えたままなんてことにもなりませんし、肌へのダメージも少なくなります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokoro
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yengitoehj2d0e/index1_0.rdf