君は僕のなにを好きになったんだろう
2007.06.08 [Fri] 21:20

今回のせっちゃんのシングルがものすごいツボな予感!
『君の顔が好きだ』のアンサーソングなんだろうか。

私のなかで『素敵な匂いの世界』『Wonderful fish』で一度大きな波がきて『Because』は全曲ビッグウェイブ(「歌うたいのバラッド」なんて失神しそうな名曲)、『ジレンマ』は一年中聴き続け、今年またヒット。
斉藤和義あなどれない。小柄、眼鏡、長髪巻き毛フェチの私がヒゲ短髪長身非メガネ、とここまで逆をゆく彼に惚れてる理由は歌の秀逸さです。ほんとにすてき。

初回限定だと伊坂幸太郎の短編小説が付くとか。
『魔王』読んだばっかりだったので、楽しみ。伊坂幸太郎はミステリなら伏線張りもうまいし人間関係や心情を描くならエンタテイメント向きだし、ラストの回収がうまいのでいろんな書き物ができるんだろうな。それでいて好き嫌いが分かれるところなんか、小説界の荒木飛呂彦ってかんじ(私の印象ですけれど)。
その点京極夏彦なんかはろくな解説もつけず京極堂の薀蓄を延々何十ページと続けるじゃないですか。小説界のガロ的な立ち居地というか、メフィストがガロなのか。薀蓄を完全に理解はできないけど読み切ったときの充実感が嫌いじゃないので(無理矢理読み切らせるように仕向けてある、とも言えるけど)今まで読んできたのだけど、これから新刊はもう買えない。本が厚すぎてすぐ本棚パンパンになるから。文庫化するとさらに厚みが増えるなんて全然救済措置になってないわ…

ついでにもう一人作家さんのハナシ。
絲山秋子さんは、ものすごくシンパシーを感じる作家さんです。女性作家特有の言い回しが多少鼻につく感もあるのですが。(山田詠美ほどではないけど)←山田詠美も作品によってはものすごく好きですよ、と軽くフォロー
最初は「逃亡くそたわけ」にtheピーズがでてくるというので読み始めたんですけど、テンポのいい話運びと描かれる視点や題材がとても好き。前の職場の同僚に貸したら「勤労感謝の日」(芥川獲った「沖で待つ」収録の短編)の主人公があんたに似てるわ、と言われてちょっとショック。うーん。あんなに厭世感たらたらですか、私は。後輩呼び出して飲みには行くけどさっ。
続きを読む…
 

ゴーヤとナスとモツァレラのトマトソース・スパゲティ
2007.06.05 [Tue] 23:15

少し残業した会社帰り、デパ地下に寄ると閉店間際なので野菜と肉・魚がだいたい半額。
ゴーヤが1本80円だったので買い溜めてみました。最近ハマってるんですゴーヤ料理。

ゴーヤのゴールデンレシピっていったらチャンプルーでしょう!まあとりあえず何と炒めてもおいしいんだけど、最初に豆腐をごま油で香ばしく炒めると風味が格段に違います。最後の味付けもダシ汁を混ぜる工夫でワンランク上のおいしさ。ゴーヤは水分吸収しやすいので、ダシ汁は少量、強火で炒めるのもコツです。炒め物は失敗が少なくて時間もかからないから楽だ!

で、ナスとモッツァレラのトマトソーススパゲッティは初体験の初調理だったので比較できないんだけど割とおいしい!北海道の短く過ごしやすい夏でさえ夏バテを起こすワタクシですが、今年はゴーヤで元気に過ごしたいもんです。
 

ありがとうWESS
2007.06.01 [Fri] 00:46

Mighty Mighty Bosstonesを聞きながらRSR第4弾発表を待っていたら…
LA-PPISCH再結成です!(また丁度良くMMBを聴いているタイミングで!)
早くもワクワクですよ。ロマンティックが止まらない!

久々にタツくんの超絶ベースが拝めると思うと涙が出ます。うれしいなー
 

モッズの祭典
2007.05.27 [Sun] 20:30

5月31日、南青山RED SHOESにてコレクターズのコータローさんがDJやるそうです。面子がマグミ(耕一)ウエノ(コウジ)古市(耕太郎)の3人でコウちゃんズ…面白すぎるわ!
レッチリの次くらいに脱ぎ性のおっさん達ですから、オールナイトで裸祭りになるんでしょうね。いいなーいきたいなー。

さて、MODS MAYDAY、たのしかったでーす。生憎の空模様だったのでスクーターで来てる人は少なかった。私も歩いていきましたし。せっかくメンテ出したのにな。
DJ陣、女性がこんなに多いMODS MAYDAYも珍しいのでは?しかも美人ぞろい。2TONE SKAバンドもかっこ良かった!みんなオシャレに着飾っててドキドキですよ。
激踊りした人に『ベストダンサー賞』ってのがあったんですが、私はさすがにそこまで出来ませんでした(笑)
ああ、モッズっていいなあ。来年こそは激やせしてツィギーみたいなサイケなミニスカート履きたい!まだまだ修行が足りないわ!がんばろう!(毎年言ってますけど)
 

ナーナナーナー♪
2007.05.24 [Thu] 12:45

最近になってまたKula Shakerにどっぷりと漬かっております。
再結成にあたってorganは新メンバー。元メンバーのジェイはoasisのサポートやってりしてるので参加してないそうです。クリスピアンの気が変わる前に生で見たいなあ、Kula。ああフジロック行きたい。直線距離だったら西日本あたりと変わんないのだろうけど、こっちは津軽海峡越えがありますから厳しい。新幹線が通るまで待てないよ!

そんなわけで6月リリース予定の新譜(7年ぶり!3rdアルバム)に先駆けて出された先行ミニアルバム「Freedom Lovin' People EP」を蛇回し。
うわーかっけーーーー!!!(私の語彙の少なさを感じさせる感想)
普段、ミニアルバムやリカットシングルモノを悉く買わない私が買いに走りましたよ。でもジャケット少しダサいね。ジーヴァス(クリスピアンがKula解散後に結成したバンド)は聴いてなかったので、一緒に買ってみたりしました。
旧譜も引っ張り出してまた聞いてます。ああ、受験の頃を思い出すな…ブリットポップ全盛期。
oasisだとかBlurはバンドとしてずっと聴いてる気がするけど、リリースの少なさ(フルアルバムは2枚)を考えると一枚あたりの視聴時間はKulaのほうが長いんじゃないかと思います。Suedeも再結成しないかな…

そういえば、Peasants, Pigs & Astronautsが物凄くヒットしたのは日本だけだったらしいですね。イギリスではあまり売れなかったそうです。weezerの2ndも、日本で売れてアメリカでは大コケだったし、日本て不思議だ。NME誌の扱いが悪かった(そしてJAPAN誌の扱いが良かった)せいなのかな?
 

iPodのトップレート
2007.05.20 [Sun] 20:23

最近蛇回し中の9mm Parabellum Bullet とrodeo carburetor。どちらも邦楽若手バンドです。
rodeoは3ピースでハードな見た目のせいか『ブランキーに似てる』と評されてますがもっと今の世代に近い雰囲気。ベンジーの純粋さと狂気の諸刃ってかんじじゃなく、それなりに悪いこともやってるけど法の目かい潜ってうまいこと生きてるような要領の良さ。ルックスは3人とも男前ですよ。特にドラムの境さんのセンスがたまらない。バイクでどっかつれてってほしい…

9mm〜は若さとあふれる疾走感がたまらなくカッコいい!ギターのリフが印象的な「Mr. Suicide」はエモ系キラーチューンだと思うんですけどPV見る限りボーカルの髪型が謎!なんて言って切ってもらったらああなるんでしょうか。セルフカット?このPVしか見たことないので何とも言えないんですけど、まあ落ち着け、と(笑)ドラムがアヒトみたいだ!
あ、初期のキウイロールの感じと似てるなって思いました。

どちらも6月にCOLONYでライブがありますね。rodeoはエゾロックにも参加決定しましたよ!今月〜来月はイベント色々で(MODS MAYDAYのためにワンピース新調したし)金欠なのに、rodeoはエゾ発表前にワンマンのチケット取ってたので2度見ることに…。いいんですけどね。物販で話できるし。
でも今年、ラインナップ小出しにし過ぎですよWESSさん。
 

まる音 SUPER DX
2007.05.17 [Thu] 15:47

まる音 SUPER DXっていう、北海道以外の方は知らない番組(北海道でも洋楽聴かない人は知らないか)なんですが。主に洋楽を紹介する深夜番組があるんですけども、メインDJの方が少女買春で逮捕されたので番組終了だそうです(!)ええーー


まあ許されることじゃないですよね。パンクやロックの反体制精神は法を犯して少女買春するためなのかよ、と正直情けなくなりました
「パンクロック好きのロリコン」(いや14歳ってロリコンじゃないか)ってほんとにかっこ悪…。

でも小学校のときから見てる番組だし、これ見てたから好きになったバンドも多いので番組終了は残念だなあ…番組自体はDJ無しでも放送可能(PVをずっと流してるだけで大丈夫じゃないのかな)構成を変えるとかで対応できなかったのかなー。
MAROON5特集は闇に消えたわけです。はあ。
 

延期だよ
2007.05.14 [Mon] 02:39

Mac OS Xレオパードが案の定発売延期に。Vistaの問題もあるからまあ予想はしてましたが。
きっとうちのPC(OS10.39 G4 800MHz 1GBメモリ カスタムしまくり)だと10.4もギリギリかな、と思うのでしばらくはインテルmacの様子を見ながらですかね。これ以上のOSアップはPC買い替え&ソフトの互換性がないと厳しいな。今まで買ったウン十万分のソフトがパアですよ。ノートはもうPower Mac G4載せてるのオクにしかないのかー。うむー。

Macユーザー歴長いので、スティーブの気まぐれで振り回されるのには慣れてますから…
 

ボリビアの塩
2007.05.08 [Tue] 21:28

誕生日に友達から貰った塩の詰め合わせ。
ただの塩じゃなくて、入浴剤なんですが各国の塩とハーブのブレンドです。
アメリカ、フランス、イスラエル、ボリビアとか8カ国。今日はヨルダン(死海の塩・オレンジの香り)なのでちょっとわくわくする!浮きはしないだろうけど。

ROVOの勝井さん(私的永遠のメガネ男子)が献辞を述べてらっしゃった 若手インストバンドSpecial Others。今日視聴してきたんですけど、 Aimsって曲がすごくかっこいい!PVも超可愛い!なのに全員がヒゲです!若いのに(って多分私と同世代ですが)もうバンドとして完成してるのがすごい。とにかく演奏がうまいので驚いた。これは生で見たい!ぜひともエゾロックに呼んでいただきたいですね。ビール飲みながらゆらゆら踊るのに最適だと思いますよ。
 

音楽と人
2007.05.07 [Mon] 19:40

今月号の音楽と人はピロウズが表紙ですよー。写真とインタビューが素晴らしいので、ぜひ。
この音楽と人って言う雑誌は一度休刊に追い込まれて起死回生を計った雑誌で、最近は売り上げもいいとこまで行ってるらしいので、この調子でがんばってほしいところ。今じゃ元ロッキンオンジャパン等からフリーになったライターさんを使ってるせいか、文体や企画も様々で面白い(二番煎じ、という声もたまに聞こえますが)。モモさんの泥酔ぶりが読めるのは音楽と人だけ!!

そんな「オトヒト」誌、500円でおつりが来てた頃のJAPAN誌(小さいサイズ)を愛読していた私には懐かしいライターさんもたくさんいます。今回しんちゃんのインタビューを担当した中込智子さんは特に「味のある」ライターさんで私と同郷、隣の学校出身なのでなんとなく親近感がわきます。中込さんは大学生時代につるんで遊んでたバンドマンが多いせいか武勇伝が多くって、今回のインタビューでもいろいろ暴露されてますね…JAPAN誌の某編集なんかは自分から昔話を始める癖があるんですが(笑)、中込さんに至っては相手がその話をし始める(しかもパンチの効いた凄い話ばかり…)のが特徴ですかね。レピッシュのインタビューもこんな感じだったな。
またインタビューこそしていないんですが、Peeちゃんのページでは冒頭で、中込さんが札幌時代に入手したミニコミ紙に掲載されてるMOTHERの記事を見せられたりしてますね。

肝心の記事は、いままでのどんな雑誌より微に入り細に穿って述べられてるピロウズ来歴、と言った内容。
特に今までQUIPなど語られた山中さわお個人の視点からだけではなく、三者三様に綴られています。正直コレ読んで目頭が熱くなった。peeちゃんがここまで正直に語ってるインタビューは珍しいのでは?一人称が「俺」だったりするのもまた新鮮でドキドキしましたよ。か、かっこいい!
まだ読んでない方、ぜひ。

今回のピロウズインタビュー、編集長の金光さんが熱く語ってらっしゃるように今まで巻頭特集を組んだどのバンドよりも力が入ってるように見えます。実際文体も熱っぽい。相当時間も割いてくれてるようです。
おそらく、これは推測でしかないんですが――「一度挫折を味わってからの出直し」を図ったバンドであり、ようやくここまでのぼってきたピロウズの姿が、自身の関わった雑誌「音楽と人」の姿に、フロントマンである山中さわおを自分自身に重ねている気がしました。
印刷出版に関わっていた人間としても胸が熱くなる思いです。

「ハタチノ」でトライセラの和田唱くんが二十歳の時にはもうトライセラやってた話をしてたので、もうそんなにたつのかーと感無量…。唱くんは30歳になるのね。ずっと少年って気がしてた。不思議。