ひなで花田

February 06 [Mon], 2017, 12:17
株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をする決まりになっています。



それでも、特定口座を利用していたら、これら税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、確定申告が不要になることも多いです。ですから、株投資初心者の方にとてもオススメです。

株への投資には損失の可能性があります。
ですので、株を初めてする場合は、まず投資信託で資産の運用を考えるのも無難な方法でしょう。投資信託は運用のプロがさまざまな優良投資先に広く分散して運用するので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつとされます。
株式投資をする人の大半は投資した株をどの時期に売り抜けるかということにためらうかもしれません。


だけど、天井付近で株式を売り抜くことはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」の心構えで売り抜けることができたらいいと思います。株式投資の社会では技術的指標を駆使して株の投資をしている方たちが多数存在します。

その結果、株投資のビギナーもテクニカル指標については一通り本などで勉強してから株式の売り買いなどを始めた方が、勝率が上がると思われます株取引の初心者であるのならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を必ず源泉徴収ありの特定口座としておくことを推奨します。
煩雑な確定申告の調査や作業にかける時間をできるだけ減らして、そのかわり、株式投資に関わる情報を集めることに時間を割くことができるからです。

株の初心者が最初から、難しい売買をするのは避けた方が良いのです。


仮に、株では空売りをして利益を得ようとする方法があります。空売りとは売りから始めるという信用取引です。
空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を狙うことができます。しかし、リスクもあるので、空売りは株の売買が十分つかめてきてからするべきでしょう。

信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きな特徴といえます。特に空売りというのは下落相場では大きな力を発揮し、うまく利用できれば上げ相場の際でも下げ相場の際でも稼げる武器となるのです。ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の方は資金管理を慎重にすることが重要です。株については知識が豊富でない者が基礎知識を増やすために必要になることは、株式投資について書かれた本を読むことで、口コミ評価の高い本を5冊以上読まなければならないと考えられます。
株式投資関連の本を五冊ほど読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は重要だということがわかるからです。
私は最近、株を始めたばかりの新米で、株投資ビギナー用の本を購入し、勉強しています。
参考になった本も多いのですが、「ん?こっちの本と書いてあることが違ってる?」と少々疑心を持ってしまうような本もあったのですが、良い箇所も悪い箇所もみんな勉強していきたいです。株の初心者の方が苦手なのは、ずばり損切りだといえます。



ついつい上がると思ってしまい、手放さないパターンが多いのです。

または、損をしたくないと思い、さらに損失を膨らませてしまうパターンがあるのです。
絶対とか100%ということはありえないため、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく必要な事です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる