加山雄三が軽部

March 23 [Thu], 2017, 11:20
妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。仲良くしている友人が妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を欠かさず服用していたようでした。彼女の話では、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安心できますね。漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。効率的な摂取のタイミングは、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。妊活の時に、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。産み分けのおかげだと思っています。葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって最も大切な成分ですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害などを発症するリスクが高まるという研究結果が報告されました。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、大切な栄養素とは言っても、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。葉酸の過剰摂取によって、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題はありません。一方で、葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが身体を健康的に保つことをおススメします。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。今では葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品として、妊婦が利用しているケースも多いそうなんです。妊婦の方の中でも、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りていないかもしれません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる