松山の明菜

September 25 [Mon], 2017, 15:36
塩分と脂肪分の摂取過多はやめて適切な運動に励み、ストレスのかかり過ぎないような毎日を意識することが狭心症を招く動脈硬化を未然に防止するコツなのです。
毎日横向きの状態でTVを視聴していたり、長時間頬杖をついたり、ハイヒール等をいつも履くといった癖や習慣は体の左右のバランスが崩れる元凶になります。
ロックミュージシャンのコンサートのおこなわれる会場やダンスするための広場などに置かれた非常に大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに替わり、2012年9月からとなるので、小児科などの医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルになりますのでご注意ください。
患者数が増加しているうつ病は脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が見られます。
20代、30代で更年期が訪れるとすれば、医学用語では「早発閉経(POF)」という病のことを指します(この国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経する状態を「早発閉経(early menopause)」と言います)。
ストレスが蓄積してしまう理屈や、便利で有用な抗ストレス法など、ストレスに関係している適切な知識を保持している方は、現時点ではまだ少ないようです。
メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、内臓の脂肪が多く付着する型の悪い肥満症になってしまうことに縁り、数多くの生活習慣病を発症しやすくなります。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに動かなくても燃えてしまうエネルギーのことですが、その5割以上を体中の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・脳の3つで使うというのが今や常識となっています。
暗い場所では光量不足により見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くため、眼球のレンズのピントを合わせるのに不必要な力が使われてしまい、光の入る場所でものを見るよりも疲れやすくなるといえます。
基礎代謝量というものは睡眠中ではなく覚醒状態で生命を保っていく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋肉の緊張の保持など)ために必ず要る最も低いエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
お酒に含まれるアルコールを分解する働きのあるナイアシンは、辛い宿酔に極めて効果的です。苦しい宿酔の主因物質とされるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の無毒化にも関係しているのです。
肝臓をきれいに維持するためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにする、要は、肝臓の老化対策をおこなうことが効果的だと言われています。
緊張性頭痛というものはPC使用などによる肩こり、首の凝りから生じる肩凝り頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛み」と言われることが多いようです。
生殖器である前立腺はその成長や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が大きく関連しており、前立腺のがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)の働きを受けて大きく成長してしまいます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テッペイ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる