水谷公生の村上啓介

March 11 [Fri], 2016, 12:07
夫婦での間がらで、どちらとなく相手の行動が気になりだすきっかけがありますよね。何かのたびに出掛けてみたり、何かと理由を付けて車を使ってみたり、スマートフォンおよび携帯電話を四六時中持っていたりと、気になるともうどうしようもないですね。

一回気になりだすと、もしかして浮気かもと、証拠など何もないにもかかわらず考えまよってしまって、平穏な日々を過ごすことが無理になります。こんな状況に陥ると精神的に良くありませんので、興信所あるいは探偵社に浮気調査を託するのがいいです。


そうはいっても、ここのところ、テレビの報道番組の影響が大きいのか、興信所ないしは探偵社が乱立する傾向にあるのです。それで何が起きるのかというと、、依頼者であるあなたに、想像もしなかった金銭トラブルに巻き込まれることになるのです。
その傾向は、地域の個人の興信所や探偵社に目立つようです。全国ネットで対応をする興信所または探偵社では、差し当たってはそういったトラブルを聞くことはありません。

たいへん多く聞くトラブル内容は、『成功報酬』を掲げている場合の報酬の定義が歪んでいることです。

本来であれば、『成功報酬』というのは次の定義です。
1.料金は初回に取り決め、その後は変化しない
2.証拠が取れなければ報酬も諸経費も¥0
3.証拠の質が「裁判でも勝てる」レベルである場合に報酬が発生


でありながら、最近になって問題となっている興信所ないしは探偵社の独自理論は次のとおりです。
1.尾行のみでも達成ならば、証拠が取れなくても成功として料金を取る
2.調査結果で浮気はなかったが、報告としては成立するので成功として料金を取る

3.料金が初回決定金額を超えて、どんどん加算されてゆく。

完全成功報酬という売り込み文句で、まるで証拠が取れなければ料金がかからないと誤解をさせて、実際のところなんだかんだと料金を積み上げる事がトラブルのキッカケになっているのです。


本サイトからお勧めする興信所や探偵社は原一探偵事務所です。長年培った信頼と実績とが推薦する決定打になります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:湊
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる