みっちぃ(みっちー)の長田

July 10 [Sun], 2016, 3:02
12月収直前になって、冬場が本番に繋がると年々気になるのが暖房費の省エネだ。

暖房には、室温、石油ストーブ、石油信者ヒータ、ガスストーブ・・・と色んな品目がありますが、暖房費を節約するには「暖房装置を使わないことがトップ」と

内部で厚着限定になってしまいがつだ。



冬季の暖房費省エネは、流感やインフルエンザなどこちらは注意していても健康に関わってしまう。

そこでわたしが実践していることは、



「座敷を密封状態にして暖房したエナジーを逃さない」

「外部の冷気を座敷に分かりづらく始める」

の2要所を実践しています。



・座敷の密封のために

 玄関の隙間を絶やす  ?  白々しいイメージはつらいので玄関の後傍の隙間に玄関の選択肢と同じくらいのバッファや使い古しの銭湯タオルを丸めたものを置くようにしています。

                  玄関の開け閉めにさっと障りですが冷気の潜入を防げます。

 のれんを活用する ? 座敷の間仕切りで人懐っこいイメージは逆に小気味よいのでとにかく暖簾やパーテションの身の丈のおっきいものを使います。



・外部の冷気を行渡りにくくする

 ガラス窓部分の手配として、冬季だけ、ガラス窓の立ち上がった時下傍10センチくらいに「プチプチ」を両面テープで賭ける

 カーテンを厚いものにして、なるたけ2枚仕立てにする。 



こういう2品目のポイントは昼間の日光を利用しつつ、こまめに気温差に気を配ることです。  




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Airi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yee1aeeh1shbtc/index1_0.rdf