江崎の新藤

September 30 [Fri], 2016, 11:41
株式投資はとても魅力のある投資のやり口のひとつです。

だけれど、株の売買には多種多様な危険も持っています。株の大きな危うさとしては、値下がりの危険、流動性の危険、倒産の危険などがあります。
株式投資は定期預金などとは違い、元本の保証がありません。株を始めたばかりの人は、危険をしっかりと理解して慎重に投資を行うことが重要です。皆そうだと考えるのですが、自分は株を始めたころ、ビギナーでチャートの読み方が、理解できませんでした。現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「なんとなくこうだろう」といった見方があって、それを判断材料として使っています。しかし、今でもたまに間違えてしまう時もあります。

株式投資の領域ではテクニカル指数を駆使して株の投資を行っている方々がたくさんいます。それにより、株投資のビギナーもテクニカル指標については一通り専門書などで学んでから株式の売買などをスタートした方が、勝つ率が高くなるのではないでしょうか。株を始めたばかりの人はどの銘柄に投資したらいいのか迷うので、株式雑誌にのっているようなオススメ銘柄の中から良いと思う銘柄を選んで投資するのがいいかもしれません。



これらを経験して、徐々に自分が分かる銘柄の数を増やしていくことで、自分でいいと感じる銘柄を発掘することにつながるのだと思います。
株取引の初心者であるのならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を必ず源泉徴収ありの特定口座としておくことをお勧めします。
面倒くさい確定申告の作業やわからないことを調べる時間をなるべく減らして、かわりに、株取引のための情報を集めることに集中することができるからです。


よく誤解されることもあるようですが、円安とは円の持つ価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることなのです。
円安がつづくと株が上がりやすいとされています。

輸入産業の場合では、輸入コストが上昇してしまい収益減となりますが、逆に、輸出企業の業績は伸びます。自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、業績の向上につながり、株価が上昇するのです。

投資のビギナーが株を始めたいと思った場合は、できるだけ安全な資産運用の方法を考えることが大切です。
最初から個別の株を売買するよりも、初めのうちは投資信託などから取引した方がよいかもしれません。



その後、ちょっと取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式の取引を行うとよいでしょう。


株式を購入する初心者にどうしても覚えてほしい言葉にキャピタルゲイン並びにインカムゲインがあります株で利潤を得るにはこの二個の言葉を覚えておいてください。



キャピタルゲインは株の売買で生じる利鞘のことです。


例えると、1万円で買った株式を2万円で売り渡せば、1万円のプラス分がキャピタルゲインとなるのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yeasri02otlhtl/index1_0.rdf