妊娠パワーと母乳量増大に効くティー

January 01 [Wed], 2014, 2:14
妊娠中などに胎児に影響を与えないお茶としてとても注目されているのがタンポポ茶です。
天然素材を利用している為に多くのミネラル分を含んでいる為に様々な効能にも期待されているようです。

大きな働きとして@不妊症対策とA母乳不足対策があります。


>>不妊症や母乳不足対策に効くお茶はコチラ


@不妊症対策

このお茶にはホルモンバランスを整える効果が期待されていますので不妊症に
効果が期待されます。
実際に芸能人の辻ちゃんや篠原涼子さんも愛飲されているようです。

・・その理由は血行促進効果がとても大きな不妊治療効果に期待されているのです。
子宮に血液をしっかりと届けることができると排卵などの機能がしっかりと働く様になります。
このような作用から妊娠確率を上げる事となり、結果的に高い治療効果を残す事となるのです。
リラックス効果やホルモンバランスを整える効果など多くの効果が期待できるために治療効果もとても高いといわれています。


A母乳不足対策

古くから、助産師さんたちの間で、お乳の出を良くする薬として、たんぽぽの根が進められていました。
中国でも漢方としてたんぽぽの根を粉末状にしてお母さんに飲ませていた歴史があります。

カルシウムや鉄分やリン酸、ビタミンA,B1,Cなどが含まれ、体を温め、血行を促進、ホルモン分泌促を促します。

このような作用があるので、母乳の出をよくする効果があるのです。

タンポポの自然の根からお茶にしたものなので、もちろん副作用もありません。
普通のお茶と同じように飲めます。

母乳マッサージをして痛い思いをしたので、タンポポ茶で母乳不足を解消できて本当によかったと思います。



>>不妊症や母乳不足対策に効くお茶はコチラ



"年齢的に露骨に子供を欲しがるのを
ためらわれるという話もききます。
でも、出来るなら欲しいなあ〜と。

そもそも授かってしまえば自然だろうが、
人工的であろうが関係ないと言う人もいます。
しかし不妊治療は妊娠と違い肉体的な負担だけでなく
経済的な負担が重い事も確かです。



なんとか妊娠したとしても、出産後はその後
10年以上に及ぶ子育て期間が発生します。
日々子供と生活するには思っている以上にエネルギーを使います。
ですから妊娠前から体力、気力とも充実させるように心がけ
準備したいものです。
そして「病は気から」ではないいですが
気分が沈むような思い込みは出来るだけ避け、
自分が心から楽しくなることをみつけるのも
いいでしょう。

カフェインの入った飲み物を夜に飲んで、睡眠をとると深い眠りにならずに、疲労が蓄積していく悪循環になりがちです。
コーヒーやお茶などと違って、体にふたんをかけないタンポポ茶でより健康になってほしいと思います。""

"

P R