インプラント治療を受けたい方のネック

September 20 [Sun], 2015, 16:47
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。



見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実は、かかる費用は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるという手段もあります。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。



でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。



ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。



腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。



十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。


インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。


確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。



外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。


一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。


インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。



インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。



手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。



痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。



人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。



全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。



骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。


高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。



自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。



インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。



虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。



手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
大阪のインプラント名医はこちら!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ydg0asklksofv
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ydg0asklksofv/index1_0.rdf