オーストラリアン・テリアの赤津

July 04 [Mon], 2016, 18:23
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をおもちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。



治療を始める前に必ずしるべ聞ことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療がふくまれるとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特長が異なります。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかりおこなわれていれば結構長い間保たせることが出来るでしょうが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけないのです。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査を始め、さまざまな角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となっ立ところで治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。



インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってちょうだい。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材からつくられています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。



両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気もちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だっ立と思います。
理由は様々ですが、願望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。



でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してちょうだい。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。



インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、インターネットの口コミなども利用して選びましょう。



誰でもインプラント治療ができるりゆうではありません。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても結構費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。



新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラントそのものを埋め直す必要が出てきます。
年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没指せて癒着指せ、その上から義歯を付けるものです。



入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを創る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。


確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費と供に、1年分をもれなく保管してちょうだい。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大聞く歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。根元から歯を抜い立ときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:向日葵
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ycyewzignarith/index1_0.rdf