プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ycxjxwaawxvjhc
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
グーグルとヤフー提携に「待った」  マイクロソフト公取に「証拠」提出 / 2010年08月04日(水)
 日本のヤフーと米グーグルが、検索エンジンと検索連動型広告配信で提携するとの発表は、ライバル企業にとって大きな衝撃となった。検索市場で国内1、2位の2社が組むことで、約9割は「グーグル検索」になる。

 これに「待った」をかけたのが、米マイクロソフト(MS)だ。今回の提携が競争を阻害する要因になるとして、日本の公正取引委員会にその「証拠」を提出するという。一方ヤフーは、提携発表時に「事前に公取委の確認を得ている」と強気だ。

■事前に公取委に相談していた

 米マイクロソフト(MS)は2010年7月30日、米グーグルと日本のヤフーの提携が競争阻害の要因になると、公取委へ申し立てることを明らかにした。この発表には伏線があった。MSのデーブ・ハイナー副社長兼次席法務顧問が7月27日のブログで、2社の提携を非難。日本での検索市場とネット広告について「グーグルがほぼ完全にコントロールすることになる」と書いたのだ。事実、ヤフー・グーグル連合による国内の検索市場シェアは、9割に達する。

 「独禁法違反」の懸念は、ヤフー側にも当初からあったようだ。7月27日の提携発表の際、発表資料の「よくある質問」の中に、「公取委に提携について相談したか」という項目を入れ、回答として「事前に相談しており、問題なき旨を確認しています」とした。ヤフーの井上雅博社長も、グーグルから検索エンジンの提供は受けるが、「ヤフー独自に調整し、カスタマイズする」と述べ、決してグーグルの検索とは同じではないことを強調してみせた。

 公取委の松山隆英事務総長は7月28日の定例記者会見で、事前相談を受けたことを認めたうえで、「ただちに独占禁止法上の問題にはならない」とコメント。この前提として、ヤフーが検索サービスや広告事業を独自に行うことを挙げている。

■「日本のオンライン市場の健全な発展を阻害する」

 国内検索市場の9割をヤフーとグーグルが握ることを不安視する声はある。ネット事業者による国際民間団体「ICOMP」は7月27日、2社の提携について「日本のオンライン市場の健全な発展を阻害し、独禁法上の観点から阻止されるべきだ」との見解を表明した。

 だが、今まで「ウインドウズ」やウェブブラウザで「独占的」と見られることもあったMSのアクションだけに、日本ユーザーの理解は今ひとつ。2ちゃんねるでは今回の申し立てについて、

  「マイクロソフトよ。お前が言うな」

と冷たい反応が多い。そもそも、他の検索エンジンでは頼りないからグーグルを使っていたという見方もある。

 MSは、公取委へ提出する「証拠」の中身については明かしていない。既にヤフーとグーグルに「お墨付き」を与えている公取委に対して、判断を覆させるようなウルトラCを見せられるだろうか。


■8月2日20時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000004-jct-sci
 
   
Posted at 14:30/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!