プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ycvrhodlcxudlo
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
日産が新型マーチ搭載エンジンを発表、1.2L 3気筒で燃費26km/L / 2010年07月07日(水)
 日産自動車は2010年7月6日、7月に発売する新型「マーチ」の搭載エンジンを発表した。軽量・コンパクトを追求した新開発の1.2L 3気筒「HR12DE」エンジンで、アイドリングストップ機構を搭載。ハイブリッド車を除く1〜1.5Lクラスで、クラストップの低燃費26km/Lを実現した。

【詳細画像または表】

 3気筒エンジンは、小型車で一般的な4気筒エンジンと比べて可動部品が少ない。さらにシリンダーブロックに真円ボア加工技術等を採用し、同社の従来の同排気量4気筒エンジンに対して、約20%のフリクション(摩擦抵抗)低減を実現した。またエンジン回転軸の重量バランスの工夫によって、4気筒エンジン並みの高い音振性能を実現した。

 新型マーチのトランスミッションは、力強い発進加速性能と静粛性、低燃費を両立した新型「エクストロニックCVT」を採用する。新型エクストロニックCVTは、副変速機の採用によって軽量・コンパクトで、フリクションを約30%低減している。

 今回採用するアイドリングストップシステムでは、この副変速機を利用した内部ロック機能で、勾配6%程度以下の坂道でもクルマが下がらずに、エンジンの再スタートが可能になる。またエンジン停止時のクランクシャフトの位置を正確に計測して、エンジン再始動時間を短縮。日常の運転で、ドライバーが意識することなくアイドリングストップが作動する。

フーガ・ハイブリッドやジューク直噴ターボも登場

 日産は併せて、次世代環境技術を搭載し、各セグメントでクラストップレベルの低燃費を実現する“エンジン進化型エコカー”「PURE DRIVE」シリーズの投入を発表した。

 「PURE DRIVE」とは、現在主流のエンジン車の量販ゾーンで各セグメントに最適な次世代環境技術(アイドリングストップ、クリーンディーゼル、ハイブリッドなど)を搭載し、クラストップレベルの低燃費を実現する、エンジン進化型エコカーの総称だ。7月発売の新型マーチが、2010年度のPURE DRIVE第1弾になる。

 国内マーケティング&セールスを担当する常務執行役員の片桐隆夫氏は、「CO2削減のためには各セグメント毎、価格帯毎に最適な解がある。PURE DRIVE第1弾である新型マーチでは、街乗りでの停止・発進の際に効果的に燃費改善が可能なアイドリングストップを搭載し、価格に敏感なコンパクトカーのお客さまにお求めやすい価格でご提供する。さらに今年度は、第2弾クリーンディーゼル、第3弾ハイブリッドなど、PURE DRIVEを続々投入する。お客さまに幅広い選択肢をご提供することで、エコカー普及を促進していきたい。」と述べた。

 具体的には、まず7月にクリーンディーゼル搭載「エクストレイル」にAT車を追加する。今秋には、高級セダン「フーガ」に新開発ハイブリッドシステムを搭載。同じく今秋に、コンパクトSUV「ジューク」に新開発1.6Lガソリン直噴ターボの「MR16DDT」エンジンを搭載する。

(文/柳 竹彦=日経トレンディネット)

【7月7日7時8分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100707-00000000-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 22:59/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!