自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場

December 08 [Thu], 2016, 3:00

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、損害賠償金をもとめることが難しいでしょう。損害賠償金は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等全体的にみて裁判所に委ねることとなります。成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損することは無いかと言いますと沿うとも言えないケースもままあります。普通、成功報酬と言えば調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。


だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、利用しようとしている人もいます。たち寄る場所がわかる機械を利用して、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、地図情報システムで調査するのも、多彩なやり方の選択肢の一つです。位置がわかる機械が仕込まれていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。



普段は浮気と不倫のちがいなんて気にすることがないでしょう。




浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのはパートナーがいるのに肉体的な交渉がある場合をさします。




不倫であればパートナーとその交際相手に損害賠償金の支払いを申し立てることが可能でます。


興信所に調査を依頼し、パートナーの不倫の証拠を握った上、多額の賠償を請求することによって現実にたち返らせ、不倫関係を精算指せることにも役たちます。浮気調査の第一段階ですべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。


浮気しているか否かが不明瞭な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。



もしも浮気が確かなこととなれば、次は不倫相手を調査となります。



パートナーの日々の行動を追跡したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。


最近は探偵社も探偵も、取りあつかい業務はちがいがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。不倫を離婚理由に掲げるつもりなら、浮気の証拠がないと、まともに取り合ってもらえないそうです。ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますので、やはり探偵社や探偵社などを使うほうが、結局のところ一番ラクに確実に離婚出来てはないでしょうか。


また、不倫相手に慰謝料の支払いをもとめる際も効果を発揮します。


運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、行動の様子をリアルタイムで監視し、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して多彩な分析をすることも可能です。普段、運転しないような人の場合は、普段もち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。




それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。



ダンナの不倫や隠し子などの調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもしばしば見かけたりします。物語に登場する探偵のしごとは視聴者にも「想定の範疇」なので、真似くらいはでき沿うな気がしますが、実際には、相手(関係者ふくむ)が疑わないよう追跡したり写真を撮影することは、初心者には到底無理です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、プロに任せるのが一番安心です。




明らかな浮気の裏付けがとれない限り、離婚や損害賠償金請求の裁判では、思うような結果にならないかも知れません。




どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定するケースも充分にありえるからです。



そんなと聴こそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。


思いちがいで離婚裁判や慰謝料請求なんてことを防ぐために、調査で証拠を確保しておくことは大切です。


調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機と比べると明らかにターげっと〜を見失う危険性が減りました。最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ車両を発見することは簡単になりました。



これさえガッチリとつけることが可能でれば、追尾調査の精確性は大いに向上します。




探偵事務所でパートナーを調査してもらっ立ところ浮気が発覚したならば、離婚するかしないか決めかねますよね。それを避けるために、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみては如何でしょうか。





法律上、夫婦間に不貞があってはいけないワケですから、当然の権利として慰謝料の支払いをもとめ、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。



スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこから浮気がバレるといったケースが増えています。



もし休日や夜間にもか替らずSNSをやたらとチェックしたり、こそこそ更新していたら、浮気相手と連絡をとっていると考えてもおかしくはないでしょう。SNSに対する不審な行動があるかどうかは浮気の有無を見出すきっかけにもなるのです。


不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをおすすめします。離婚したいと考えるのか、不倫相手から損害賠償金を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにして下さい。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や探偵社に相談して下さい。



相談者が女性の場合、近所の奥さんやお友達に相談してしまう人もまあまあ多いですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にやってはいけません。


さまざま見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かも知れませんが、浮気の事実が露見したから、ですね。



とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではありませんから、最初から探偵社や探偵業者などのプロに不倫の調査を依頼するのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。


沿うは言っても、これは疑わしいと気付くのは、どうしても本人次第になります。探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限らないでしょう。




探偵は浮気調査をよくやっていても、思わぬ間ちがいをすることが全く無いとは言えません。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。





また、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。


http://rotcav.com/へはコチラをクリック
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かな
読者になる
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ybjody30679/index1_0.rdf