シュタバイフーンがシロハラ

March 31 [Fri], 2017, 13:26
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
不妊の根本的な原因は、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側の原因とが考えられます。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女双方が検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
プラセンタ中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。
一般的に、プラセンタに効果があると言われるお茶はタンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。
これらはノンカフェインなので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
プラセンタ中の女性に対して、厚生労働省によって、プラセンタ摂取が推奨されています。
プラセンタはビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期にプラセンタが欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する危険性があります。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、プラセンタの段階から妊娠初期の、プラセンタが不足しやすい時期には、食事で摂ることの出来るプラセンタが不足しないよう、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切なプラセンタ摂取が厚生労働省より求められているわけです。
プラセンタの摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、プラセンタは妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素であるとご存知ですか?とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が難しい、なんてこともあると思います。
無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、プラセンタはプラセンタサプリメントに切り替えることで不足しがちなプラセンタもちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
プラセンタは重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を造る力を強めるという働きがあります。
この作用は妊娠にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすくなるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。
また、プラセンタで血液が増えれば酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊治療に役立つのです。
プラセンタを行う場合、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。
プラセンタとは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。
プラセンタ中の女性は大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。
ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、プラセンタ中から健康的な食事を心がけましょう。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、プラセンタでしょう。
妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から赤ちゃんを授かっているのです。
受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、プラセンタをしている方は、なるべく早い段階で十分にプラセンタを摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切なプラセンタだと言えますね。
妊婦にとって重要な栄養素であるプラセンタ、卵巣に影響を与える鉄分は、不足しやすいものです。
普段の食生活では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
妊婦にとって重要なプラセンタですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食事からプラセンタを摂取しようとする場合、食材の調理方法に気を付けてほしいポイントがあります。
プラセンタ摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
加熱しなければいけない場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、プラセンタも摂れるかと思います。
しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。
そんな時はサプリを利用するのが簡単ですから、おススメです。
一度流産を経験しました。
1年くらい経ってまた妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。
今回のプラセンタでは体づくりにも注意しました。
以前から冷え症に悩まされていた私は、運動を始めてみました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nishina
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる