家購入の際の物件について 

June 14 [Fri], 2013, 10:18
家は一生に一度の大きな買い物と言われるほど、人の人生を左右します。


そこで家を購入する際にはいろいろな物件を考えて慎重に選ぶことが大切です。


家と一口に言っても大きさやデザインなど、その家族の要望に応じていろいろ考えられます。


また、高くても新築が良いと考える人や、少しでも価格をおさえたいので中古物件でもいいと考える人などさまざまです。


もし新築の住居が良いなら設計の段階から自分の要望を伝えて、よく話し合って建てるようにします。


例えばバリアフリーの家にしたいなど、将来のことも考えた家にするのが良いかと思われます。




逆に中古の家を望むなら物件はいろいろありますので、可能な限り数多く見てまわるようにしたいものです。


その場合、立地条件も考慮に入れることになります。


例えば通勤に便利なように交通の便が良い所が良いと言う人は、駅やバス停に徒歩で行けるような場所を選ばなければなりません。


それとは反対に老後のことを考えて閑静な所に住みたいと思うならば、郊外や田舎にも目を向けてみると良いでしょう。


そこには中古の物件は案外多くあります。


そこで部屋の作りや大きさなど自分の家族にとって住みやすいと思うものを選ぶようにします。


新築でも中古でも家の物件を検討するときは、家族の意見も反映して皆で幸せに暮らせる家を購入したいものです。