効果的な広告

May 05 [Sun], 2013, 10:55
おはようございます

ゴールデンウィークですね。

本当にどこにいってもひとだらけで、もはや外に出る気になれません、、、

特に東京はいついっても人が多いですよね。

渋谷、新宿あたりなんてこの時期にいったらもう楽しいというか疲れるだけでしょう。

原宿の竹下通りもやばいですね。人が多すぎてケガして救急車で運ばれる人もいるくらいですからね。

外人もこの円安にのっかってたくさん来ているらしいのでさらに人が多いのではないかと思います。

しかし宣伝や広告をうてないと同じ街のなかでもお客さんのいるショッピングモール、すかすかのショッピングモール分かれますよね。

自分の住んでいる川崎ではラゾーナ川崎というショッピングモールがあります。

ここは土日の朝いっても常に人だらけです。一方反対側の東口は人がぱらぱらいるってかんじですね。

もちろん午後になるとものすごい人いますが。

多分こんなに人があつまるには宣伝がうまくいかないと集まらないのではないかと思います。

それぞれのターゲットに合わせた広告をうって集客がうまく行くような広告を売ってるんだと思います。

テレビやインターネット、新聞の広告など。

ショップもそれぞれのターゲットに合わせたショップがならんでいるので誰でも楽しめるって感じですかね。

でもまずはどんな街でどんなショッピングモールがあってなどの宣伝ができていないと人があつまらないのではないかと思います。

お店単位での広告もかなり重要になってくるのではないかと思います。

そんなときに便利なサービスが<マチアド>というサービスです。

もしそんな広告に興味があるかたがいたら是非このサイトを見てみると良いと思います。

これはとても面白いサービスです。

マチアド

自動車保険のノンフリート契約とは

December 21 [Fri], 2012, 16:07
はじめて車を購入したという人にとって、自動車保険を選ぶということは少し面倒な作業だなと感じているかもしれません。
こういった自動車保険を選ぶ際に、よくわからないと疑問の声があがる部分として自動車保険の「ノンフリート契約」がありますから、自動車保険の中でも「ノンフリート契約」にしぼってお話をしたいと思います。

まず、一般の方でフリート契約になるという人は非常に少ないでしょう。
ノンフリート契約は9台以下の車両に保険を付けるという際に使われる言葉で、会社、いわゆる法人であり、車両保有台数が多いという場合にフリート契約が結ばれることになります。

では、この契約種別でどのような違いがあるのかというと、わかりやすく説明すれば、たくさん契約してもらっているから、一台あたりの保険料を割り引きしますよということを保険会社が行っていて、これがフリート契約になります。
ノンフリート契約でも保有台数が増えれば割引があるので、割引率という意味ではそう大差はないのですが、フリート契約の場合は、車両ごとに割引率が設定されるのではなく、保有車両全体の等級によって、割引率がかわるという違いがあります。

自動車保険の等級とは

December 20 [Thu], 2012, 15:53
自動車保険を選ぶ時に、免許の色や年齢等でその料金が変わるということはよく知っていることでしょう。
しかし、等級という言葉が出ると途端にわからなくなる。
このような人もいるでしょうから、「自動車保険の等級」とはどういったものなのかという点に絞ってお話したいと思います。

自動車保険における等級とは、どれだけ安全運転でリスクの少ない加入者なのかということを判断する指標として使われています。
自動車を購入して、自動車保険を契約すると、まず、6等級となり、一年間事故を起こさなければ、次の年には7等級となります。
これが事故を起こしてしまうと3等級下がるという仕組みになっています。
基本的なポイントは常軌になります。

では自動車保険の等級が上下することでどんな影響がでるかというと、基本的な保険料の割引率というものが変化していきます。
等級が14を超えると保険料が半額になり、等級が1ともなると、保険料が約50%上乗せで請求されることになります。
それに加えて、等級が3以下ともなると保険自体に加入するということも難しくなるということも自動車保険の等級の特徴ですから知っていてください。

任意保険で補償される内容

December 19 [Wed], 2012, 15:43
自賠責保険と比べて補償される内容が広いということで任意保険を選んでいる人も多いと思います。
しかし、任意保険とひとくちに行っても、その概要についてよくわからない。
こういった方もいるでしょうから、任意保険で補償される内容について記載しておきます。

まず、任意保険という言葉からもわかるように、このタイプの保険は自分自身で、必要なプランを選ぶ必要があります。
主に「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「車両保険」といったものが主な任意保険の種別になります。

対人賠償保険を無制限でつけておけば、人身事故で、相手方が死亡してしまったというような事例でも無制限の補償をうけられるようになっています。
「車両保険」をつけると、契約車両で事故を起こして自身の車が壊れたという場合に自身の車の修理に保険を使うことができます。

このことからわかるように、任意保険はどこまでのリスクをカバーするのかということが非常に重要になります。
フルで契約すれば、補償される内容も広くなりますが、その分保険料が高くなります。

強制保険と任意保険の違い

December 18 [Tue], 2012, 14:13
現在では、保険商品というものが多数販売され、生命保険や自動車保険といったものは加入しているという人が多いでしょう。
そういった中で、自動車保険に関しては、強制保険と任意保険とがあり、その違いがよくわからないという人もいるでしょうから、この強制保険と任意保険の違いについてお話したいと思います。

まず、自動車保険における強制保険とは「自動車損害賠償責任保険」であり、一般的には「自賠責保険」とよばれています。
車両を利用しているにもかかわらず、自賠責に加入していないという場合には罰則があるということも強制保険の特徴です。

一方で「任意保険」というものは、チューリッヒや三井ダイレクト、そしてソニー損保のように企業が提供している自動車保険であり、自賠責でカバーできる範囲以上のリスクに対する保険というとわかりやすいかと思います。
強制保険である「自動車損害賠償責任保険」は、物損事故等には適用されないことや、保険金の上限が低いということから、ほとんどの人が任意保険に加入するようになっています。
たとえば、死亡保障で3,000万円が自賠責での取り扱いですが、民間の任意保険を使えば、対人賠償において無制限の保険金という設定もできるようになっています。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ybg220
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧