ブランドバッグ 男性用

October 18 [Tue], 2011, 11:19
ブランドバッグ 男性用

エピバッグ

ルイヴィトン バッグ エピ1985年に登場のライン。1920年代にルイヴィトンが使っていたグレイン(型押し)のパターンをヒントに開発。1926年、インドのバローダ大王の特注で作られたトランク(虎狩りの際に茶道具を運ぶためのもの)にデザインされた、型押しの素材がエピの原型になったとも言われています。エピ・レザーは厚手の上質カーフをクロム塩と植物タンニンでなめし、特殊加工で奥深くまで染色。光の当り方で変化する艶やかな光沢と、深みのある色彩が特徴です。エピとはフランス語で「麦の穂」の意味。独特の型押しが風に揺れる稲穂のように見えることからこの名が付きました。


ルイヴィトン バッグ N品エピ カラーバリエーション
初期に登場したエピは世界各地のナチュラルな色彩が取り入れられたカラーで展開。その場所を連想させる色鮮やかなカラーから、ルイヴィトンの永遠のテーマである「旅」を体験できる仕様に。色彩には日本が二つも関わっています。ルイヴィトン バッグ メンズと日本との繋がりの深さを感じますね。

タイガ バッグ

ルイヴィトン エピ1993年に初のルイヴィトン初のメンズラインとして登場。タイガとはロシア語で針葉樹林帯を意味します。発表当時のカラーは広大なユーラシア大陸北部を覆う、針葉樹の深グリーンをイメージしたエピセアのみでしたが、1997年にはフランス語でマホガニー(木の一種)を意味する赤褐色のアカジュー、2000年には粘板岩と呼ばれる天然石をイメージしたブラックのアルドワーズが加わり3色展開に。材質には厳選された上質で柔らかな牛革に、上品なルイヴィトン バッグ タイガグレイン(型押し)が施され、傷も目立ちにくく丈夫です。細かな型押しカーフに配された3色はのカラーは、どれも素材のわずかな起伏や、光の当たる量、角度などにより微妙に色を変え、バッグそのものにより一層の重量感をつくりだしています。洗練されたシックなデザインやカラー展開で、世界中の男性を瞬く間に魅了しました。

ブランドバッグ 男性用タイガ・ラインはビジネス色が強いこともあり、ステーショナリーも数多く揃えられています。これもビジネスシーンで活躍する男性に人気の理由の一つです。

ルイヴィトン財布
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ybg01t
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ybg01t/index1_0.rdf