プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ybdymmnlrtozis
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
日本の音楽 SNS、参加ユーザーはわずか1.7%という悲惨な現状 / 2010年06月21日(月)
英国発の音楽コミュニティサイト Last.fm が、HMV ジャパンとのアフィリエイト提携を発表したのは2008年1月だったが、その後 Last.fm は日本のユーザーに浸透したのだろうか。

【画像が掲載された記事】

あるいは、日本の「音楽 SNS」は今現在、どのような状況にあるのだろうか。

今回は「音楽 SNS」にしぼった調査をしてみた。

インターネットコムとアイブリッジ リサーチプラスが行った「音楽 SNS」に関する調査によると、「音楽 SNS」に参加しているユーザーはわずか1.7%、という結果になった。

調査対象は、全国20代から60代の男女300人。男女比の内訳は、男性51.7%、女性48.3%。年齢別比は、20代10.3%、30代34.3%、40代34.7%、50代15.0%、60代5.7%。

全体300人から、音楽が「どちらかというと嫌い」「嫌い」なユーザーを除いた293人に対して、聴くのが好きか、歌ったり演奏したりするのが好きか聞いたところ、聴くのが好き、と回答したユーザーが圧倒的で57.0%(167人)だった。

続いて、聴くのも歌うのも好き、という回答が26.6%(78人)。

また、この293人に対して、「音楽 SNS」に参加しているかどうか聞いてみたところ、参加しているユーザーはわずか1.7%(5人)に過ぎないことがわかった。

参加している「音楽 SNS」で一番多いのは「MySpace」(5人)だ。それ以外に各1人が「うたウガ」「うたスキ」を回答しているが、これはカラオケ用のサイトであるようだ。

以上から、音楽に対して、演奏したり歌ったりするより、聴く、という受動的態度のユーザーが多いことがうかがわれる。推測でしかないが、それが音楽 SNS のあまり活発でない原因かもしれない。 (調査協力:アイブリッジ株式会社 リサーチプラス)

【6月21日11時21分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000005-inet-inet
 
   
Posted at 11:45/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!