カードローンの即日融資で軽い気持ちからのスタート

July 09 [Sat], 2016, 18:38
私がカードローンを契約したのは「お金が欲しいから」や「生活費が足りないから」等ではなく、「家族が銀行員で、カードローンのノルマがあったから」でした。

借りれる金額を一番低い金額に設定してもらい、カードが手元に来てからすぐはあまりカードローンに縁がなく過ごしていました。

でも、『友人たちとの旅行』という本当に些細なきっかけで、カードローンに手を出すことになりました。

当時20歳そこそこで、働いてはいましたが貯金するだけ余裕もなく、月の給料はその月の生活費に消えていました。

そこに仲のいい友人との旅行話。

「3万円ぐらい余分に欲しい」という安易な気持ちからカードローン 即日融資に手を出しました。

少ない額からのスタートですが、普段、その月の給料はその月に消えてしまう私にとって、この3万円を返す術はなく。

さらにATMであまりにも気軽に借りることができる手軽さから、簡単に限度額の50万円に達してしまいました。

返済は、本業の給料とは別にアルバイトなどで収入を得るしかありませんでした。

時間を見つけて単発のアルバイトをしては入金し、臨時収入があれば入金し、なんとか全額返済に至るまでは、4年ほど時間がかかりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:藤田ヤヨイ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yayoi851218/index1_0.rdf