ラフティング・・・ 

September 21 [Wed], 2005, 17:34
この旅でお楽しみにしていた1つのラフティングニセコでやってきました。本当は、川下りをするキャニオニングがしたかったのですが・・・日程が合わなかったとクライミングを練習してから参加と書いてあったのにビビッってしまい、ラフティングをしました。

教えてもらっていたセンターが見つからないので・・・目の前にあったNOASCでやることにしました。完全予約制だったけど、運良くAM8:30からのに参加できました。今日は、暑いので服のままでOKだったのでTシャツにズボンにライフジャケットとヘルメットを着てバスに乗りました。
基本的な動きを教えてもらって、ゴムボートを川岸に持っていくのは・・・メッチャ重かったゴムボートと一緒に川に入ると水が冷たかった7人で漕ぎながら進んで行きます。偶然ですが、ボートに乗っていた7人とも大阪人でした。びっくり!!
時々、岩にぶつかったりするとかなりの衝撃が・・・。深いところでは、川に入ったりしました。水は冷たいけど、気持ちよかった。わざとボートをひっくり返したりして楽しんでいました。岩と岩の間と通り抜けていくガイドさんの舵裁きに見とれながら楽しみました。
あっという間に8kmを下ってしまい、もう少しやりたかったな〜って感じです。
とっても、楽しかったのでまたやってみたいな〜。そして、キャニオニングも・・・。

初バーベキュー・・・ 

September 21 [Wed], 2005, 17:15
明日は、ニセコでキャニオニングをしたいのでがんばって山道を走っていきます。すると途中で大滝村きのこ王国という大きな店を見つけました。行ってみるときのこの瓶詰めがいっぱい売っていました。ゆず味キムチ味があって、全部試食ができるので・・・いっぱい食べました。どれも、おいしかったのでお土産にいっぱい買いました。
ウインナーやチーズも売っていたので、夕食はシシャモと一緒にバーベキューにすることにしたので・・・きのこやウインナーもいっぱい買いました。赤玉メロンが売っていたので買うとめっちゃおいしかった!!夕張メロンと同じ種類らしい。でも、ブランドではないので、値段はとっても安かったおまけで真っ白なとうもろこしをもらいました。ありがとう〜!!

温泉とバーベキューができる所を求めて京極温泉ふれあい交流センターに行きました。オートキャンプ場のテントとテントの隙間にこっそり入り込んでバーベキューをしました。持って来ていたガスコンロ100円均一で買った網で、シシャモウインナーきのこを焼きました。周りの人に不審がられながらも、楽しくおいしくバーベキューを食べました。もらったとうもろこしは、めっちゃ甘かった!!だんだんと日が暮れてきたので、大慌てで食べました。楽しかった〜!!

京極温泉にも入りに行きました。露天風呂から月と羊蹄山が見えてきれいでした。キャンプ場の人が来ているので、人がいっぱいで大変でしたが・・・。ゆっくり、温泉に入りた〜い!!
どこに泊まるか悩んで、倶知安の駅まで行きました。なにもないので、今日も駅の駐車場で車泊です。

支笏湖観光・・・ 

September 21 [Wed], 2005, 17:06
北海道に来てから、いっぱいを見たので・・・もういいかな〜と思いながらも、苔の洞門が気になったので行きました。
山道を走って行くと木と木の間から湖が見えるような見えないような・・・って感じです。
苔の洞門に行くための道を歩いて行くとトトロが出てきそうな大きな木がはえていて自然そのままの感じです。大きな石が見えてきました。その大きな石にはきれいに苔が付いていました。でも、部分的に水分不足みたいで少し黄色になったりしていました。でも、奥の方はきれいな緑だったので、近くで見たかったのですが・・・立ち入り禁止だったのが残念です。
やっぱり、自然を守ることと観光地にすることを一緒にすることは大変なことなんですね。
支笏湖の観光地に行かずに反対側を進んで行って、巨木の森に行くつもりだったのですが・・・気付いたら通り越して、美笛峠に来ていました。どこに巨木の森への道があったのだろうか〜??

白老ポロトコタン・・・ 

September 21 [Wed], 2005, 16:43
行く前にコンビニに寄りました。昨日も来たコンビニなのですが・・・とんでもないものを見つけてしまいました。それは、ポロトコタンの夜というポスターです。
今から行こうとする白老ポロトコタンが夜間に特別プログラムをやっているそうです。昨日のうちに知っていたら、行けたのに!!とちょっぴりショックでした。こんなポスターはわかりやすい所に貼ってほしいですよね〜。

駐車場に着くと、ムックリの音楽がかかっていて不思議な感じです。お土産屋さん通りを越えていくと入り口があり、大きなコタンコルクルの像が建っていました。
家の中でアイヌの文化の説明をしていたのが、おもしろくてビックリすることが多くありました。日頃の言葉の中にも、アイヌ語が多くあるそうです。例えば、昆布やアザラシはアイヌ語から来ているそうです。家の中に鮭の燻製がありました。とってもいい色になっていて、おいしそうです!!買って食べると、本当の鮭の濃厚な味がしてめっちゃおいしかったです。
昨日できなかったアイヌ模様の木彫りも体験できました。切り出しの彫刻刀だけで、削っていきます。なかなか力と集中力がいって、大変でした。1時間ちょっとかけできれいな模様のコースターができました。相方は、ムックリを作っていたのですが・・・何度も失敗したりしていました。どうにか鳴るものができると、鳴らし方を教えてもらっていたのですが・・・本当にいろんなすご〜い音が出るのですね。
池に浮かんでいるに乗りたかったのですが、あれは漕ぐのが難しくて今は乗れないらしいです乗りたかったな〜!!
アイヌの本をいっぱい買ってしまい、重かった〜!!

苫小牧までのドライブ・・・ 

September 19 [Mon], 2005, 16:15
苫小牧までの通り道の鵡川町は、本物のシシャモが取れるところとるるぶに書いてありました。本物??と思ってよく調べてみると普通に売っているシシャモのほとんどが偽物らしい。似ている代用品をシシャモといって売っていることだったので、本物のシシャモを食べることにしました。
名物のシシャモ寿司にはあんまり食べたいと思えなかった。だって、シシャモはやっぱりあの干してあるイメージが強いので。
でも、なかなか魚屋さんが見つからずにいたので・・・どうしようかな〜と思っていると道端に小さい看板を発見。「シシャモあります。」と書いてあるので行ってみることにしました。すぐ近くだと思って曲がって行くと、細い道をしばらく走って小さい港町に出ました。
小屋みたいなお店マルキタ食品がありました。おじさんに10本ずつ棒に刺さったオス・メスのシシャモを出してもらいました。味は同じということでしたがやっぱりシシャモといえば卵なのでメスと10匹買いました。お土産に買って帰りたかったのですが、日持ちをしないので諦めることにしました。
早く焼いて食べたいな〜!!

苫小牧まで行く道は、突然きれいな町になったりなんにもなくなったりと不思議な感じです。発展しているのか?まだなのか?が、よくわからない。
苫小牧で、久しぶりに大きいスーパーに買い物に行って夕食を買いました。海鮮寿司に刺身・からあげなどを買い込んで・・・久しぶりに車の中での夕食です。なかなかおいしかった。なんで、スーパーの惣菜でもこんなにおいしいのだろうか〜??

夜に怪しいお店を発見!!なんでも屋という黒い店なので入ってみるとマンガにゲームに服が売っている店でした。うろうろするとめずらしいものもいっぱいあるので、時間がどんどん過ぎていきます。楽しかった〜。

二風谷観光・・・ 

September 19 [Mon], 2005, 15:42
博物館を出ると、横に体験館があったのでのぞいて見ました。アイヌ模様の木彫りが展示があり、体験できると書いてありました。しかし、そこには誰もいないので体験できるかを聞いてみるとなんとPM4時まででした。時間切れでできなかった・・・迷子にならずに来ていたらできたのに、残念
周りにあった家を見ましたが、中には入れず残念です。

お腹が空いてきたのだが・・・周りにあるのはアイヌ関係のお土産屋さんだけ。私は、アイヌ料理はどうしても食べたいと思えない。見た目からダメなので、お腹が空いたのもグッと我慢をして、もう一つの博物館の萱野茂二風谷アイヌ資料館に行きました。
こっちの資料館は、個人で集めたコレクションを飾ってありました。すごい量あるのだが、展示の仕方が雑なのと手書きの説明のため見ずらかったでも、一人でこれだけの量を集めるには大変な苦労があったと思います。本当にアイヌが好きだったんだろうな〜と思いました。

博物館に行くときに気になっていたダムに寄り道をしました。大きいダムだな〜と思っていたのですが、傍に行くとその大きさに本当にびっくり!!本当に巨大でした。
ダムの上も歩けるので行ってみると、大きな道になっていました。それにしても、今日は暑〜い!!水の中に入りたいな〜。またまた焼けそうです。


二風谷アイヌ文化博物館・・・ 

September 19 [Mon], 2005, 15:28
行く途中で道を間違えたみたいで、走っても走っても目的地に着かない・・・。暑くなってきて旅の疲れも出てきて、ちょっぴりお疲れ模様ですう〜、早く着かないかな〜!!
やっとの思いで、平取町立二風谷アイヌ文化博物館に着きました。遠かった〜!!
博物館はとっても大きくて立派なのに、人がいなくて電気も暗めでちょっぴり怖い。でも、いっぱい展示物をじっくり見ることができました。
アイヌ模様罠のかけ方など実際に模型で体験できたのでやってみたけど、難しかった。特に、罠は説明書をよく読んでもわからない・・・。昔の人は、賢かったのですね
それにしても、やっぱりアイヌ模様の服は手が込んでいてすごい!!大切に作っているのがよくわかります。ちょっとした所にも和の布のおしゃれがあっていいな〜。
展示物の中に一つの漆塗りの古いお茶碗がありました。それは、アイヌの人が和人に一年間過酷な労働をさせられてその報酬としてもらった物らしい。一年間、働かしてこのお椀一つだけと思ったら・・・なんてことをしてきたんだ、私たちの祖先はと思ってしまった。今の社会でも弱者には厳しい社会だけど・・・本当に北海道開拓には大変な試練と苦悩と犠牲があったのだろうな〜と深く考えました。

馬の日高・・・・ 

September 16 [Fri], 2005, 22:31
次の目的地に行くために、日高に入ると本当にがいっぱい。すご〜く大きな柵の中で何頭ものんびりしているのを見ていると、なんだか人より馬のほうが多くて大切ではないのだろうか〜?と思えてきてしまった。遠くから見るのは楽しいけど・・・近くでじっと見られるのは、ちょっぴり怖いのです
それにしても、ここは競馬ファンには幸せなところなのだろうな〜。大きなコースがあったり馬横断注意の看板があったりと本当に馬中心の町だな〜と思いました。

ここから、サラブレッドがいっぱい出ますように・・・。

レ・コード館観光・・・ 

September 16 [Fri], 2005, 20:05
相方が、音楽好きなのでレコードという響きに惹かれて行くことにしました。 目的地には、夜に着いたのでレコードの湯という温泉に行きました。昨日は車泊だったので、今日はここに宿泊施設もあるので泊まろうかな〜?とパンフレットを見て考えていました。先にゆっくりお風呂に入ることにしました。しかし、学生が合宿に来ているのか・・・女子高生がいっぱいでした。なんだか落ち着かずゆっくりできなかったのが、残念です。
ここで、ご飯を食べようとすると時間切れで食べられず・・・泊まることも諦めて、町に夕食を食べに行きました。またまた、モスバーガーを見つけて食べました。そして、目的地のレ・コード館の駐車場でまたまた車泊です。

朝からレコード館に行きました。レコードの歴史に触れて興味を持ちました。世界一大きい・小さいレコードはすごっかたよ。レコードコンサートでは、礼文島の思い出の曲“赤い風船”をかけてもらいうれしかったです。本当にいい曲ですね。ビクターマークの犬が実際にいたのにはビックリです。レコードの針がのものがあったのも驚きました。
展望台に行くと隣が日高なので、馬の牧場がいっぱいありました。駐車場にも馬の銅像が立っていました。なぜか、みんなそこで記念写真を撮っていました。私たちも・・・。

襟裳岬の道・・・ 

September 16 [Fri], 2005, 19:55
襟裳岬にむかって行く時に黄金道路を走って行きました。なかなかすご〜い道でした。柱がいっぱいあって、ほんとにお金をかけて作ったのが感じられました。景色が映画のコマ送りのようできれいでした。
そして、その反対側の道にはビックリマークの看板がありました。
それは高波注意らしい・・・。
それにしても、北海道にはいつも見ることのない標識がいっぱいあります。時々よくわからないものがあったりして勝手に想像して笑っています。北海道に行ったことがある友人はここで高波2回もかぶったらしい。恐る恐る行くのですが、全然大丈夫でした。
行っている途中で、映画「北の零年」のロケ地という看板を見つけました。こんな海と山しかない所で何を撮ったのだろうか〜??この映画は、まだ見たことがないので・・・帰ったら見よう〜!!
でも、今日はめっちゃ移動しているな〜!!目的地になかなか着かないよ〜。

最新コメント
アイコン画像miku
» 襟裳岬観光・・・ (2005年09月15日)
アイコン画像さるさる
» CDの準備を・・・ (2005年07月28日)
アイコン画像しょ〜ぅご
» CDの準備を・・・ (2005年07月27日)
アイコン画像おっく〜
» はじめまして・・・ (2005年07月22日)
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yayoi15
読者になる
Yapme!一覧
読者になる