韓国ドラマその冬、風が吹くチョ・インソン、ソン・ヘギョの演技を絶賛“鳥肌が立つ”

October 11 [Fri], 2013, 15:30
韓国ドラマその冬、風が吹くチョ・インソンが、共演しているソン・ヘギョの演技を絶賛した。

その冬、風が吹く DVD

チョ・インソンは14日午前、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)のあるカフェで開かれたSBS水木ドラマその冬、風が吹く DVD(脚本:ノ・ヒギョン、演出:キム・ギュテ)の記者懇談会で、「ソン・ヘギョの演技を見ていると鳥肌が立つ」と話した。

ドラマでソン・ヘギョと共演しているチョ・インソンは、「撮れば撮るほどびっくりする。演技が本当にうまいので、迷惑かけてはならないという思いでさらに頑張ることになる」と打ち明けた。

その冬、風が吹く

チョ・インソンは「カメラ監督がソン・ヘギョさんの演技を撮影して感心する姿を見た。僕も鳥肌が立つのを感じながら演じている。ヘギョさんはこれからもさらに成長するだろうが、今回ドラマで絶品の演技と共に演じることができ、見守ることができて大いに光栄で、嬉しい」と話した。

韓国ドラマその冬、風が吹く

そして、「そのため現場に向かうのが楽しい。ヘギョさんとのシーンを撮る度に、dvd販売店もっと集中して演じている。人々に僕の演技がうまいと思ってもらえるのは、ヘギョさんの演技がもっとうまかったからだ」と謙遜する姿を見せた。

ドラマでチョ・インソンは、専門ポーカーギャンブラーのオ・スを熱演している。オ・スは子供の頃保育園に捨てられて以来苦労し続け、死の危機から逃れるためにオ・ヨン(ソン・ヘギョ)に出会い、彼の兄に成りすましながら恋に落ちる人物だ。

その冬、風が吹く

その冬、風が吹くは、孤児として育ったギャンブラーのオ・ス(チョ・インソン)と視覚障害を患う大手企業の相続人オ・ヨン(ソン・ヘギョ)が出会い恋に落ちる物語を描いている。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yayadvdo9/index1_0.rdf