準備段階B左指の”頁とは

October 20 [Sat], 2012, 12:45
"そして、右手で背中の下三分の一程度の所を支え、左手の親指の腹で、しごくようにして頁をめくっていく。
紙の「たわみ」とその反動を利用して、頁をめくる。
これまで皆さんは、左利きの人の一部を除き、頁をめくるのにはもっぱら右手の指を使ってきたと思うが、左手の親指を使うのである。
そうすると、左利きの人だとこれが即座にできるが、右利きの人では、なかなかこれが簡単にはできない。
まず、指先の感覚が洗練されていなくて鈍感なので、一頁ずつ確実にめくることができず、時々、数頁をいっぺんにめくってしまう現象が起きる。
エスパーでもない限り、飛ばしてしまった頁に印刷されている文章は、絶対に読むことができないのであるから(エスパーならばそもそも、最初からこんな訓練は不要である)確実に一頁ずつめくるように神経を使う必要がある。

まじめ人間ほど眼は悪くなるE
そして、成績を上げよう、仕事の能率を上げよう、良い企画を出そう、などと考えれば考えるほどストレスは強さを増し、いよいよ脳細胞が働かなくなる、視力も低下する、という悪循環の農に落ち込んでいく。"
マジカルアイの威力★視力回復
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yaya5
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yaya5/index1_0.rdf