長山だけどごっちゃん

March 18 [Fri], 2016, 14:35
FX(外国為替証拠金取引)の投資においての目標は、世界各地の公式通貨なのです。

流通貨幣に際して学んでいこうと考えています。

・貨幣には「基軸通貨」とよばれている公式通貨がございます。

基軸通貨の意味ですが各国間での決済そして金融商品の取引きで重点的に活用される通貨のことを指し現段階ではアメリカ合衆国ドルです。

以前はスターリング・ポンドが基軸になる通貨でありましたが、米ドルになるに至ります。

・FXを利用して売買している流通通貨の種類は、他の外貨での投資と比べてこの上なく豊富というのが特徴です。

FX企業により扱う流通通貨の種類に関しては、違ってますが平常では約20種類ある様子です。

その種類の中でも動きが大きくなっている公式貨幣をメジャー通貨と言います。

流動性が大きいという意味はやり取りが活発に行われているという事であり、貨幣の売り買いしやすいことです。

主要な公式貨幣には上記においてお話した基軸通貨である$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本の円、EUROの3つの通貨が存在しており、世界三大通貨と表されています。

スイスのフラン、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われています。

これら以外の流動性が少ない通貨はマイナー通貨と呼ばれて国の勢力や経済の力が乏しい国での公式貨幣で南アフリカランドや人民元、ポーランドズロチ、トルコリラなどがメジャー通貨に関しては、ドレードされてるレベルが膨大ですという事もあって値の乱調が静止していて、ニュースの数も多くいきかっているようです。

マイナー通貨は、金利の面で高い額な通貨というのが多いから値の高安がすごいとの事らしいです。

値の乱調がすごいいう事においては絶大な利益を得するチャンスがあるのですが、利益を得る機会があるだけリスクも予断を許さないでしょう。

重ねて変動が小さい流通貨幣ですので、決済を求める時に限って売買を完了させる事が忍びない可能性があります。

何の通貨を選別するのかという事に関しては、公式貨幣の性質をしっかりと研究してからにする必要があると思いました。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yavuaeltcrflre/index1_0.rdf