妊娠しづらいように感じ始めたら基礎

April 07 [Thu], 2016, 23:10
妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。


たかが体温と思うかも知れませんが、基礎体温表をつけると、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊治療(タイミング法から始めるというのが一般的でしょう)の大事なきっかけになるはずです。普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るというお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。一日忘れても根気よくつづけていきましょう。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への摂取が勧められているんですよね。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もある沿うですから、その効果のほどが伺えますね。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいるでしょう。



仮にサプリメントを摂っていないとしても、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、ご飯によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。



葉酸が多く含まれている野菜についてですが、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いみたいです。妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を低減するらしいのです。
ですが、さまざまな問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを推奨します。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を低減したり、もしくは流産の可能性を下げる効果が認められています。



具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際にご飯だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろのご飯に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、沿うした指導がされるようになっています。なんとなくと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を減らしてくれる為です。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。


ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大切なポイントだと言えますね。



クリニックでの不妊治療(タイミング法から始めるというのが一般的でしょう)を経て、ようやく第一子を授かることができました。
疑い始めたのは結婚3周年を迎える前でした。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、やりきれない気分でした。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の服用を始めると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長最初の段階において忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、大変だと思います。サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。
仲良くしているオトモダチが妊活を頑張っていた頃、よく漢方を飲んでいたと思います。

その子の話によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいた沿うです。
漢方なら、妊活中でも安全性が高いためはないでしょうか。



その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かることが出来た沿うですから、本当によかったと、私も嬉しく思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yaur4hb2yamnrr/index1_0.rdf